【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

森田医師「日本の未来を象徴」

本紙掲載日:2017-01-20
7面
生徒に質問を投げ掛ける森田さん

延岡星雲高キャリア学で講演

◆財政破綻の北海道夕張市−医療の崩壊でなく再構築

 延岡星雲高校(星衛俊一郎校長)フロンティア科の独自企画「キャリア学」は19日に同校で行われ、鹿児島市在住の医師森田洋之さん(45)=南日本ヘルスリサーチラボ代表=が1、2年生81人を対象に講演した。森田さんは、平成19年に財政破綻した北海道夕張市が「日本の未来を象徴している姿」とし、同市で起こった〃医療の再構築〃を参考に、これから必要になってくる医療態勢について言及した。

 森田さんは横浜市生まれ。一橋大学経済学部を卒業後、医者を目指して宮崎医科大学(現宮崎大学医学部)に入学。宮崎県内で研修医を終え、「医者でもあり、経済学部出身者でもある。どんな町か気になったし、誰かが困っていると思った」と、夕張市の診療所に平成21年から約5年間、総合医療医として勤務した。

 森田さんによると、財政破綻後の夕張市は、街に一つしかなかった市立病院が閉鎖し、病床数が170から19に激減。「専門診療科もなければ、CT(コンピューター断層撮影装置)もMRI(磁気共鳴画像装置)も市内にはゼロ。救急医療もなくなり、医療の〃崩壊〃だと思った」

 しかし、その後に死亡率や死亡者数が増えたかというと「ほぼ横ばい」。さらに「救急車の出動回数も半分以下になり、高齢者の医療費も減っていた。自然死(老衰)や施設でのみとりが増えた」と、予想を覆す現実になっていた。

 この裏には、口腔(こうくう)ケアなどの「予防医療」に力を入れた市の取り組みと、「病院依存の考えから病気予防へ」という住民の意識改革があったという。

 特に終末期に関しては「命の終わりを受け止めるという考えになった。だから、病院のベッドに横たわる〃生き生きとしていない人〃は1人もいなくなった。高齢者は笑顔の中で人生を終えていくようになった」。

 これらの結果を踏まえ、「実は医療崩壊ではなく、医療の再構築だった」。また、海外の医療事情にも触れ、「病床数と平均寿命や健康寿命は関係ない」と強調する。

 森田さんは、多額の借金によって起こった財政破綻や48%という高い高齢化率など夕張市の現状は、「日本の未来を象徴している姿」と指摘。だからこそ逆境をはね返した同市の医療態勢が今後の医療モデルの一つになり得るとし、「病院医療による対処ではなく、生活を支える医療態勢が必要になる」と結論付けた。

 医学部志望という2年の河野昭光君は「医療について深く考えるいい機会になりました」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top