【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

油流出防止を啓発−水質汚濁防止連協

本紙掲載日:2017-01-20
2面
油流出事故防止を啓発する協議会員(16日、延岡市北川町の茂石油店)

北川流域の給油所など巡回

 大分・宮崎の行政機関で組織する「五ケ瀬川水系水質汚濁防止連絡協議会」(事務局・国交省延岡河川国道事務所)は16日、北川流域の油取扱事業所を巡回、啓発チラシを配布して「油流出事故防止」「万が一事故が発生した場合の早急な対応」などを呼び掛けた。

 巡回は2班に分けて行われ、道の駅宇目(大分県)と道の駅北川でそれぞれ出発式をした後、国交省と県延岡土木事務所、延岡保健所、延岡市の職員9人、佐伯土木事務所、佐伯市の職員8人が延岡、佐伯両市内の石油店や給油所6カ所を訪れた。

 このうち、北川町の茂石油店には午後2時すぎ、国交省と保健所職員が訪れ、「油の取り扱いに十分注意し、従業員への周知を」「機械類や貯油施設の定期点検・安全確認を」「万一事故が起きた場合や事故を発見した場合は、最寄りの機関に至急連絡を」などと書かれたチラシを同店主の茂邦男さん(67)に手渡した。茂さんは「定期的にタンクの点検を受け、安全には配慮しています」などと答えた。

 同協議会は、宮崎、大分、熊本3県の2市5町と国、県の関係機関が会員となり、昭和49年に発足し、水系の汚濁防止や河川浄化活動に取り組む。

 同水系の水質事故は平成21〜27年に45件発生。このうち、貯油タンクや配管の腐食による破損や給油中のミスなどの油流出事故は約7割の25件。同事務局は、「油流出は河川や地下水などに重大な環境汚染を引き起こしたり、上水道や農業用水が取水できなくなるなど社会生活に多大な影響を与える」。また、「家庭から出る生活排水も川を汚す原因の一つ。合併浄化槽の導入や調理くず、廃油の処理、洗剤の適正な使用が水質改善に効果がある」などと呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top