【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「渡辺修三ふたば賞」を創設

本紙掲載日:2017-01-20
2面
「渡辺修三ふたば賞」の詩作品を募集している渡辺修三顕彰会の役員(左から柘植健副会長、湯浅会長、熊本事務局長、堀田博通監事)

顕彰会が詩作品を募集

◆締め切りは6月30日−市内の小中高校生が対象

 延岡市の渡辺修三顕彰会(湯浅一弘会長)は、「渡辺修三ふたば賞」を創設、詩作品を募集している。同賞は、顕彰会が昨年12月の役員会で創設を決め、今回が初開催。

 対象は延岡市内の小中高校生で、応募作品は未発表の詩(テーマは自由)に限る。A4判400字詰め原稿用紙2枚に題名を含めて40行以内。応募は1人1編。

 作品とは別に、A4判用紙または原稿用紙に作品名、住所、氏名(ふりがな)、郵便番号、年齢、性別、電話番号、学校名を記入したものが必要。学校からの応募の場合は、学校の名前と住所、電話番号、ファクス番号、担当教師の名前を記入した用紙が必要。作品の著作権は主催の同顕彰会に帰属し、返却は行わない。

 応募締め切りは6月30日(当日消印有効)。作品提出および問い合わせは、渡辺修三顕彰会事務局の熊本安彦事務局長(〒882―0003延岡市稲葉崎町2の2428の1、電話090・3601・7218)へ。

 選考は、宮崎県詩の会(中島めい子会長)が行い、個人応募作品は本人に直接、学校応募作品は学校を通じて入賞結果を知らせる。また、9月9日の渡辺修三顕彰詩碑祭に合わせて贈賞式を行い、受賞者に賞状と記念品を贈る。

 湯浅会長は「詩は文化の力を育てるのにとてもいい材料。児童生徒を対象にしたこの賞が、延岡の文化の土壌形成に役立てばうれしい。渡辺修三先生が暮らした大野町黒岩のような豊かで美しい自然をモチーフにした新鮮な作品を待っています」と多くの作品応募を呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top