【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017新春インタビュー(11)−清本英男延岡商工会議所会頭

本紙掲載日:2017-01-20
1面

最重要課題は九州中央道−今年が勝負、中心市街地活性化

−−連続8期目、第26期会頭としての抱負を。

【清本会頭】
7期22年を振り返ればあっという間だった気がします。成功したものもあれば、うまくいかなかったものもあるのが実情。道づくりについては150回以上陳情に赴き、東九州自動車道がつながったことは大きな成果。しかし、中心市街地活性化はいろんな壁に突き当たって、今に至っています。道づくりも終わったわけではなく、九州中央道を早くつなげなければなりません。

−−では、任期中の最重要課題は中央道整備促進?

【清本会頭】
民間が官に最も望むのはインフラ整備ですから、最重要といえばやはりそうでしょうか。具体的には、今年はぜひ日之影−高千穂間の完成年の明示が欲しい。高千穂−蘇陽間は早急に3回目の調査をお願いし、来年度中に施工命令をいただくことが目標です。
一方で、中心市街地活性化も今年が勝負です。市が整備している延岡駅前複合施設は来春完成しますが、その効果が周辺に波及しなければ意味がありません。官民で昨年設立した株式会社まちづくり延岡で、テナントビル建設を視野に入れた街区整備に取り組みます。

−−創業者支援にも力を入れています。

【清本会頭】
平成26年に地元金融機関と連携して立ち上げた「スタートアップ支援センター」を通じて、これまでに41社が創業しました。今年はさらに創業希望者の掘り起こしを行い、60社に増やしたい。また、当センター支援の創業者であることを示すステッカーを表示するなどして、市民が創業者を応援する機運を高めたいと思っています。

−−先日はキャリア教育支援センターを立ち上げました。

【清本会頭】
少子化が進んでいるうえに高校生の地元就職率は2年連続で全国最下位。若者がどんどん県外に流出しており、求人を出しても人材が集まらない時代になってきています。そのことに経営者が早く気付いて手を打たなければなりません。延岡市がこれまで行ってきた出前授業やふるさと教育推進事業などを土台にして、産業界がさらに深く関わり、地域の将来を担う人材を地域の総力を挙げて育てていきたいという思いで立ち上げました。

−−ミャンマー・マンダレーでの「ノベオカフェ」開設も昨年の大きなニュースでした。

【清本会頭】
延岡とミャンマーが交流を深め信頼関係を築くことによって、将来、双方に利益のあるビジネスパートナーになれることを目指す、息の長い取り組みです。これまでの活動の成果で、ミャンマーの中枢部の方々から延岡に非常に大きな期待が寄せられています。次は、職業訓練の講師となるシニアボランティアを工業会で募り、ミャンマーに派遣する予定です。また、ミャンマー最大の都市ヤンゴンにもノベオカフェ設置が計画されています。

−−東九州自動車道が北九州までつながって間もなく1年。観光推進事業が重要性を増しています。

【清本会頭】
道路がようやくつながったわけですから、そのメリットを生かして交流を深めていくため、昨年、日豊経済圏開発促進協議会で「日豊ブランド化基本構想」を策定しました。高千穂郷・椎葉山地域が一昨年「世界農業遺産」に認定されたのに続いて、祖母・傾・大崩山が「ユネスコエコパーク」に認定されると期待されますので、これらの地域を結んでどのように広域的な観光を進めるかが商工会議所の重要な課題と認識しています。
また、地元でも、ひむか広域観光や「えんぱく」を通して、県外客を呼び込む取り組みを積極的に展開し、流入人口の増加を図りたいと思っています。

その他の記事/過去の記事
page-top