【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

事故防止へ−トラックの特性知って

本紙掲載日:2017-01-19
3面
大型トラックを使って運転者の死角を確認する高齢者ら(12日、日向市の日向自動車学校)

県トラック協会、高齢者に講習会−日向

 県トラック協会県北支部(飯田昌宏支部長)は12日、日向市の日向自動車学校で65歳以上の高齢者を対象にした交通安全講習を開いた。トラック運転の特性を知ってもらい、交通事故の防止につなげようと毎年取り組んでいる。

 今年は同市の財光寺地区の高齢者に声を掛けて実施した。参加した25人(65〜90歳)は同自動車学校の職員や日向警察署の署員から、高齢者の交通死亡事故の実態や、加齢に伴う認知機能の低下などについて説明を受けた後、同自動車学校の場内コースで、道路を歩行する場合の注意点を学んだ。

 このうち、大型トラックを使った講習では、コーンを人に見立てた左折巻き込み事故のデモンストレーションを見学し、職員から「曲がり角に立つ場合は、極力車体から離れてください」などとアドバイスを受けた。

 また、実際に運転席に座り、運転者の死角を確認した講習では、運転者によっては、助手席横の位置はサイドミラーではほとんど見えないことが分かった。

 ドアの窓ガラスから目視で確認することはできるものの、参加者からは「もし助手席に人を乗せていたら、それも難しいのでは」「運転席、助手席の横の位置だから、当然運転者からも(自分が)見えているだろうと安心していたら大変なことになる」などの声が聞かれた。

 吉島時男さん(78)は「財光寺地区の住民は、普段から国道10号をまたいで行ったり来たりしています。大きいトラックも走ってきますし、スピードも速い。私たち高齢者はというと、足腰が弱り、横断歩道を渡るにも時間がかかります。互いの特性を十分に意識し、気を付けたいものです」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top