【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

遺跡や史跡巡り研さん

本紙掲載日:2017-01-18
2面
興味深そうに五輪塔群を見学するインリーダー
舞ぎり式での火おこしも体験(延岡市教育委員会提供)

延岡市子ども会育成連絡協議会インリーダー研修会

 延岡市子ども会育成連絡協議会のインリーダー研修会が14日、市内一円で行われ、小学4〜6年のクラブ生やジュニアリーダー(中学生)15人が遺跡や史跡を巡りながら知識を深めた。市教育委員会共催。

 同研修会は、子ども会活動に必要な知識と技術を身に付け、集団活動の中で自ら考え行動できるリーダーの育成を目的に実施している。

 この日は、市社会教育センターで岩熊井堰(いぜき)が造られた経緯や先人の業績を学習。その後、バスに乗り吉野町の「国指定南方古墳群14号墳」、貝の畑町の「岩熊井堰」や戦国時代からの墓石と思われる「五輪塔群」、北町の「畳堤のモニュメント」など市内各所を巡った。

 また、5班に分かれて舞ぎり式の火おこし道具を使った火起こし体験も行った。火きり棒と火きり板の摩擦によって火種をつくり、麻糸をほぐしたものに着火。煙は上がるもののなかなか火種をつくるのに苦戦する姿も。見事に火おこしできた班もあった。

 閉会式では、少年団体指導員の杉田千明さんが総括。「井堰ができなければ農民の中には飢えて死ぬ人もいたはず。その中にもし、あなたたちの先祖がいたら、今のあなたという存在はなかったことになる」と話した。

 林彩奈さん(岡富小4年)は「人の手で造ったことはすごい。でも、獄死した藤江監物はかわいそうだと思った」。木下百果さん(北浦小6年)は古墳について振り返り、「延岡にも強い権力を持った人の墓があるなんてすごい」と感想。先人たちに思いをはせた。

その他の記事/過去の記事
page-top