【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日向におかえりなさい!

本紙掲載日:2017-01-17
6面
山田会関係者から花束を受け取る山田洋次監督(15日、日向市文化交流センター)

山田洋次監督迎えて上映会「家族はつらいよ2」大爆笑

 5月27日に全国公開される山田洋次監督の映画最新作「家族はつらいよ2」の先行上映会が15日、日向市文化交流センター大ホールであった。山田監督を敬愛する市民でつくる山田会(和田康之代表、10人)主催。舞台あいさつに駆け付けた山田監督は、待ちに待った市民らファン約900人から「おかえりなさい」と出迎えを受けた。

 山田監督作品の同市での上映会は一昨年12月にあった「母と暮せば」以来、今回で15回目。

 同作は「男はつらいよ」シリーズ終了から約20年ぶりに手掛けた喜劇映画「家族はつらいよ」(2016年)の続編。お騒がせ家族「平田家」を舞台に展開していく。

 高齢者の危険運転を心配し、運転免許返納を画策する子どもたちに激怒する父。旧友との再会を喜んだのもつかのま、孤独死という悲しい別れに、わが身を振り返り…。腹は立っても、それでも家族。死を笑いに変え、しみじみと現代社会を問う。

 出演は橋爪功さん、吉行和子さん、西村雅彦、夏川結衣さん、中嶋朋子さん、林家正蔵さん、妻夫木聡さん、蒼井優さんなど。

 上映後、観客席の市民らから「おかえりなさい」と出迎えを受けた山田監督は「皆さんから声援と励ましの声をいただき、もう少し映画をつくり続けていきたいと思っています。近い将来、再びこの日向に帰って来ることを約束したい」。

 また、作品を大笑いしながら楽しんだ市民らの姿に「きょうの皆さんのように映画を楽しむことは今、都会の複合型映画館ではできなくなっています。観客は妙に静かに遠慮がちになってしまっているのです。そんなのは僕にとっては面白くない。大笑いして、その弾みで前の席を蹴ってしまってもいいと思います。僕の映画は日向の皆さんのように見てほしいと、いつもここに来るたびに感じています」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top