【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

文武両道の名将・佐伯惟治公をしのび大祭

本紙掲載日:2017-01-16
2面
尾高智神社の大祭
神楽を奉納する歌糸神楽保存会(尾高智神社)
御頭神社の大祭
合格祈願をする参拝者(御頭神社)

尾高智神社(北浦町)と御頭神社(北川町)

 文武両道に優れた名将として慕われていた佐伯藩領主の佐伯惟治(これはる)公が祭られている延岡市北浦町三川内の尾高智神社と同市北川町瀬口の御頭(おとう)神社で15日、両神社の大祭があり、大勢の参拝者でにぎわった。

 惟治公が自害した地に建立された尾高智神社では、歌糸公民館(梅田和良館長=兼区長)が主催し、牛馬の安全や豊作、豊漁を願う大祭として毎年1月の第3日曜日に大祭を営んでいる。

 この日は、猪股信彦宮司による神事が営まれた後、歌糸神楽保存会(甲斐龍会長)が神楽を奉納した。参拝者はたき火で暖をとったり、世話人による甘酒やおにぎりの振る舞いを味わいながら見物。神楽の合間には餅まきもあった。

 一方、惟治公を「御頭大明神」として祭る御頭神社は、同神社奉賛会(治久丸弘会長)主催で毎年1月15日に大祭を開き、学業成就や頭の痛みなどに御利益があるとして信仰を集めている。

 この日は、午前9時30分から吉祥寺の松田泰英住職により仏式の法要が営まれた。受験生やその親族も多く参拝しており、絵馬に「志望校合格」「絶対受かりますように」などと書き、手を合わせる姿もあった。

 境内では、奉賛会による甘酒の振る舞いや餅の配布、瀬口公民館では餅まきもあった。

 市内から訪れていた中学3年生の女子は、「もうすぐ受験なので来ました。志望校に受かるようにお願いしました」と話した。

 佐伯惟治は、大分県佐伯市にあった栂牟礼(とがむれ)城第10代当主として領民に慕われていた。しかし、府内政略を企てたとして豊後守護職の大友義鑑(よしあき)=大友宗麟(そうりん)の父=は、栂牟礼城を攻めさせた。

 これにより日向落ちを受け入れた惟治は退散中に襲撃を受け、大永7(1527)年11月25日に尾高智山中で自害した。

 生き残った家臣は惟治の首を敵に渡さぬよう山道を逃げた。途中、瀬口地区の宝泉寺(ほうせんじ)で休憩後、出発しようとしたが首は不思議と重くなり、どうしてもその場から動かなくなった。そのため住職が読経を唱え、供養。以来、同所では御頭大明神として祭られている。自害の地には墓所を構え、尾高智神社を勧請(かんじょう)した。

 惟治の謀殺を企てた臼杵長景や新名氏は亡霊に悩まされ、変死。慰霊のために神社を建立した。その数は大分県南、宮崎県北に20社を超えるという。

その他の記事/過去の記事
page-top