【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017新春インタビュー(7)−椎葉晃充村長

本紙掲載日:2017-01-16
1面

誇りを持てる故郷に−積極的に子育て環境づくり

−−昨年の総括をお願いします。

【椎葉村長】
4月の熊本地震で椎葉でも震度5強や5弱を観測しましたが、人的被害はありませんでした。瓦屋根がずれたりなど二十数件の家屋への被害はありましたが、すぐに復旧に取りかかり今ではほぼ元通りになったということで安心しています。震災被害はありましたが、それを除けば比較的、穏やかな生活の営みができたのではないかと思います。村が立てた計画も順調に進み、住民にも評価していただいたと思います。

−−第5次長期総合計画の前期が今年度で終了します。

【椎葉村長】
第5次長期総合計画の期間は24〜33年度までで、今年度でその半分の5カ年が終了します。この計画では人口減少対策や少子高齢化対策、集落支援などを目指した「愛響プロジェクト」を中心に展開しています。その中で特に力を入れているのはインフラの整備。村内には簡易水道がない地域が多く、飲料水供給施設の建設や水源管理への支援を行いました。集落道の整備や集落支援員の配置も実施し、そういった取り組みでU・Iターン者の増加が見られました。今後は子育て環境づくりにも積極的に取り組んでいきたいです。0〜2歳児が対象の保育施設をできるだけ早く開所したいと考えます。いきなり村内10地区全てでそれをスタートさせるのは難しいですが、まずは1カ所を運営し、その後の展開を模索していきたいです。支援策を強化し、これまで以上に住み続けられる地域の実現を目指していきます。

−−世界農業遺産への認定を生かす取り組みは進んでいますか。

【椎葉村長】
世界農業遺産への認定は、先代たちがやってきた焼き畑などの農法や生活、その中に息づいてきた伝統文化や民俗芸能を継承してきた村民の皆さんが高い評価を受けたということです。それを再認識してもらい、誇りに感じてもらいたいと、昨夏に村民向けのシンポジウムを実施し、理解を深めていただきました。言うなれば〃地を固めた〃感じです。これから外に向けて、対象地域の5町村でつくる協議会と協力しながら独自性も出して取り組みを考え、発信していきたいです。

−−世界農業遺産に認定されて以降、ふるさと納税が好調だと聞きました。

【椎葉村長】
大変ありがたいことにそれまで年間70万円程度だったのが、2400〜2500万円に跳ね上がりました。ただ、同時期に返礼品の内容も変更しており、一概に世界農業遺産だけの効果ではないと思います。しかしながら、納税者からは「伝統文化の継承に役立ててください」「自然環境の保全に使ってください」などの言葉も頂いており、認定の偉大さを改めて感じたところです。納税者の心を受け止めて、しっかり有効活用していきたいです。

−−椎葉を舞台にした映画「しゃぼん玉」が今春にも全国公開されます。

【椎葉村長】
約1カ月間滞在し、松尾の民家を中心にロケをしていました。映画の一部を拝見させていただきましたが、椎葉のたたずまいや自然美がふんだんに出ていました。この映画をきっかけに多くの人が実際に遊びに来てくれたらうれしいなと思います。映画は人情味を描いていますが、映画の世界だけでなく現実世界でも椎葉の人柄は素晴らしいので、ファンの増加につながればと思います。

−−村長5期目の任期も残りわずかです。抱負を聞かせてください。

【椎葉村長】
まずは地域の安心安全、住民が穏やかな生活を送れることです。その上で住民が「いい村だな」「住み続けたいな」と感じ、故郷に誇りを持てるように、一緒になって環境づくりにまい進していきたいと思います。

その他の記事/過去の記事
page-top