【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

餅つき&足湯でポカポカ

本紙掲載日:2017-01-13
6面
息を合わせて餅をつく九州保健福祉大の学生
足湯で足を温めながらゆったりと時間を過ごした

九州保健福祉大で体験イベント

◆野地区の人たちも協力

 九州保健福祉大学で12日、餅つきや足湯の体験イベントがあった。同大学ラーニングサポートセンター内にある「英語村」が、日本文化の体験や交流を目的に4年前から行っている。

 延岡市野地区(甲斐健一区長)の住民17人が餅つきに協力。学生たちはアドバイスを受けた後、数人ずつ交代できねを振るい、約60キロの餅をついた。住民たちがつく場面では、息を合わせて速いテンポでつく姿に驚いていた。

 つきたての餅は住民たちが丸め、ぜんざいに入れたり、砂糖しょうゆを付けて焼くなどして、おいしく食べた。

 今回は初めて足湯体験も行い、大分県別府市の温泉から約3トンのお湯が運ばれてきた。冷たい風が吹く中、学生たちははだしになって足をつけ、「温かい」とほっと一息。ストッキングなどを脱がないですむようビニール袋の貸し出しもあり、多くの学生が足湯で体を温めた。

 保健科学部言語聴覚療法学科3年の磔あかりさんは「きねが重くて難しかったけれど、お餅はつきたてでおいしかった。寒いので足湯も気持ち良かった」と笑顔で話した。

その他の記事/過去の記事
page-top