【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

2017新春インタビュー(5)−尾畑英幸美郷町長

本紙掲載日:2017-01-12
1面

一体感醸成へ一歩一歩−40年ぶりの企業誘致を予定

−−昨年、旧3村の合併から10年の節目を迎えました。町民の一体感は高まりましたか。

【尾畑町長】
 昨年3月に町マスコットキャラクター「みさとちゃん」が誕生しました。ご存じの通りとてもかわいらしく、町民の一体感の醸成と町のイメージアップに大変貢献してもらっています。
 同5月からは町歌と町イメージソングの制作に取り掛かりました。歌詞は公募で決定し、町歌の作曲は町内の音楽愛好家でつくる町歌制定委員会、町イメージソングの作曲は音楽家の宇崎竜童さんに依頼。今年3月下旬、新庁舎の落成時に披露する予定です。合併から10年たちましたが、町民の一体感の醸成はなかなか難しく、こうして一歩一歩、取り組んでいるところです。

−−民間会社に委託している北郷地区の救急救命業務を、昨年4月から南郷地区にも拡大しました。運用は順調ですか。

【尾畑町長】
 平成26年6月から全国初の取り組みとしてスタートし、現在は14人の救急救命士に活動してもらっています。多くの患者は県立延岡病院や日向市内の医療機関へ搬送されます。その間、救急救命士に同乗してもらい、できる範囲で処置してもらえることは町民の大きな安心につながっています。また、搬送中に事前に医療機関に患者の状態を知らせることもでき、スムーズな受け入れにつながっています。西郷地区での実施については、今後の運用状況を見ながら検討を進めていきます。

−−昨年10月、北郷地区にある中小屋天文台が約1年半ぶりに再オープンしました。

【尾畑町長】
 一時は閉館の可能性もありましたが、北郷地区の町民にとっては「星降る地蔵の里」のシンボルということもあり、何とか再オープンさせることができました。町民の意向はもちろん、地域おこし協力隊の一人に、天文に詳しい人材がいたことも一つの足掛かりになりました。今後は一つの教育施設として活用し、同地区にあるキャンプ場「スカイロッジ銀河村」ともタイアップしながら、主に子供向けのイベントを企画していきたいと考えています。

−−3月下旬に新庁舎が完成予定です。

【尾畑町長】
 昨年8月に地鎮祭を行い、その後、工事は計画通り順調に進んでいます。完成後、仮移転中の現在の西郷ニューホープセンターからの引っ越しを開始します。実際に新庁舎で業務を開始するのは5月ごろになりそうです。

−−町の高齢化率は県内トップと深刻です。

【尾畑町長】
 「百歳でも元気に暮らせるまちづくり」を掲げ、日ごろの食事指導と併せ、一昨年から高知市発祥の「いきいき百歳体操」に取り組んでいます。現在、町内の約50グループ(約600人)に参加してもらっています。介護予防につながると期待しています。
 また、高齢者の夫婦世帯は約460世帯、一人暮らし世帯は約640世帯と多く、お金を管理できなくなっている世帯も増えているため、町社会福祉協議会と連携し、成年後見人制度の導入にも取り組んでいるところです。

−−今年の抱負をお聞かせください。

【尾畑町長】
 町長に就任し4年目に入ります。政治信条である「誠実に堅実に迅速に情熱を持って」を今年も変わらずしっかり取り組んでいきます。
 今年は約40年ぶりとなる企業誘致を予定しています。北郷地区の黒木小学校跡地に水素燃料電池を開発する京都市のベンチャー企業を誘致し、技術委託を受けた延岡市の電気機器製造業者の下、その組み立て作業を行う計画です。1月16日には調印式と協定書の締結式を行う予定で、最終的に30人の雇用をお願いしているところです。販売元として大手総合商社も付いており、将来性のある新しいビジネスだと期待しています。

その他の記事/過去の記事
page-top