【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

センバツ21世紀枠「九州地区候補」祝賀会

本紙掲載日:2017-01-12
1面
拍手に迎えられ、祝賀会会場に入場する野球部の選手たち

1月27日、吉報を願う−高千穂高

 今春の第89回全国選抜高校野球大会21世紀枠の九州地区候補校に選出された高千穂高校の祝賀会は11日、高千穂町三田井のホテル高千穂であった。主催は同校野球部後援会(佐藤伸介会長)。野球部の指導者や選手、マネジャー、保護者のほか、西臼杵3町の首長や同窓会、OB会の関係者ら約70人が出席、候補校選出を盛大に祝い、甲子園出場の吉報を願った。

 出席者の大きな拍手に迎えられ、岡莉久主将を先頭に選手、マネジャーが入場。壇上で一人ずつ自己紹介した後、佐藤会長が「数多い九州の高校の中から1校に選ばれたことは誇らしいこと。これを励みに選手たちは部活動だけでなく、学校生活、日常生活でも高校球児の模範になってくれるだろう」とあいさつ。

 また、山口博範校長は「野球部だけでなく、学校にとっても大きな一歩になった」と、準優勝した昨秋の県予選から九州大会を振り返り、「甲子園出場が決まれば、学校、地域を挙げて応援態勢を組み、選手たちが甲子園で思う存分にプレーできるようにサポートしていきたい」。大村哲生部長は「地域の皆さんやOB、保護者の力があって九州地区候補校に選ばれた。これからも一日一日を大切に、やるべきことを続けながら練習を積んでいきたい」と話した。

 来賓として出席した日之影町の佐藤貢町長、五ケ瀬町の原田俊平町長がそれぞれお祝いの言葉を送った後、高千穂町の興梠高彦副町長の音頭で乾杯。和やかな雰囲気の中、出席者は選手たちのテーブルを回りながら激励するなどした。

 最後は、岡主将が「多くの方々の応援や協力への感謝の気持ちを忘れず、甲子園出場を目指して頑張っていきたい」と力強く決意表明。日之影町議会の杉本道生議長の発声で万歳を三唱し、締めくくった。

 同校は、昨秋の県予選で準優勝し、九州大会に初出場。初戦の2回戦でれいめい(鹿児島)に0―5で敗れたものの、潜在能力の高さを示した戦いぶりに加え、困難環境の克服、文武両道の実践、地域との交流などが評価され、昨年11月7日に県高校野球連盟が21世紀枠の県候補校として推薦。同12月16日に日本高校野球連盟などから全国9地区のうちの九州地区候補校に選ばれた。

 選抜大会の21世紀枠は全国で3校。今月27日の選考委員会で9候補校の中から、東日本と西日本から1校ずつと、残り7校から1校が選出される。

その他の記事/過去の記事
page-top