【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

男女共同参画社会の実現を

本紙掲載日:2017-01-10
2面
矢野さんの講演を楽しむ出席者
矢野大和さん
食事をしたりあいさつをしたりして自由に楽しんだ「交流タイム」

新春のべおか市民のつどい

◆性別や年齢、職業の違い超え−食事囲み自由に交流

 性別、年齢、職業にかかわりなく集って交流する「新春のべおか市民のつどい」が9日、延岡市川原崎町のガーデンベルズ延岡であった。男女共同参画社会の実現を目指す「のべおか男女共同参画会議21」(土井裕子会長)を核とする実行委員会(平尾素子実行委員長)が主催し18回目。「みつめてみとめて〜違いこそが延岡をつくる」のキャッチフレーズの下、300人超が参加した。

 あいさつに立った土井会長は、昨年市内で行われた「エンジン02」の受講者の9割が女性だったことを引き合いに「延岡の活性化は女性たちの好奇心、向学心、行動力にかかっている」と述べて女性を鼓舞した。

 首藤正治市長は「高速道路がつながり、他市に追いつくことを目標としていた時代は終わった。これからは町の個性をつくり出す時代。男女それぞれに異なる感性を発揮して、その役割を担ってほしい」と激励。上田美利・同市議会議長は「町づくりには人々の連携が欠かせない。そういう意味でもこのつどいは意義深い」と主催者の労をねぎらった。

 開宴前に講演を聴くことを恒例にしており、今年の講師は、神職ながら元地方公務員で「おおいた観光特使」を務める矢野大和さん(60)=佐伯市宇目、鷹鳥屋神社宮司=。「笑って元気〜身近な男女共同参画」と題して話した。

 「高校時代に始めた落語が高じた」という笑いをちりばめながらも、男女共同参画の推進や観光振興、地域振興のヒントが満載の内容。

 「(出席者一人一人に)あなたに会いたいという人が10人いれば、3000人を呼び込める。一人一人が観光資源だ。しかし、次に会った時に大したことがなければそこで終わってしまう。会わなかった間に勉強して、相手の期待を常にクリアすることが大事」「退職したら、妻がボランティア活動に出ている間に、夫が料理をすることが、男女共同参画を進める一番いい方法」など話した。

 その後、清本英男・延岡商工会議所会頭の発声で乾杯し開宴。アトラクションでは「ひかり三味線教室」の演奏や実行委員の「おてもやん」の踊りがあり、参加者は食事をしながら自由に交流を楽しんでいた。

その他の記事/過去の記事
page-top