【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

暴力団排除を宣言

本紙掲載日:2017-01-07
2面
暴力団排除を宣言する延岡地区遊技業組合の吉岡組合長
服部署長に暴力団排除の宣誓書を手渡す巴山組合長

遊技業組合−延岡と西臼杵地区

◆警察署に推進宣誓書を提出

 延岡市内のパチンコ店などでつくる延岡地区遊技業組合(吉岡浩一組合長、14店)は6日、延岡警察署(中川正純署長)に、高千穂町内のパチンコ店でつくる西臼杵地区遊技業組合(巴山哲組合長、3店舗)も同日、高千穂警察署(服部昭博署長)に、それぞれ暴力団排除を推進する宣誓書を提出した。

 延岡地区遊技業組合は、吉岡組合長と西谷栄一副組合長が来署。中川署長に対し、「暴力団を恐れない・金を渡さない・利用しない」という〃三ない運動〃に「暴力団と交際しない」という独自の文言を加えた宣誓書を読み上げ、手渡した。

 同組合は「お客さまが安心して楽しめる店づくりを推進したい」と、暴力団対策法が施行された平成3年以降、延岡署に毎年、宣言文を提出している。こうした姿勢に、近年は不当要求など暴力団絡みの事案はなく、女性客も増えているという。

 延岡署によると現在、管内を拠点とする暴力団組織はないが、県内には6代目山口組系が2組織、神戸山口組系が8組織あり、県外組織も含めた勢力争いの場とならないよう警戒しているという。

 宣言書を受け取った中川署長は、「今年も明るいまちづくりに向け、協力を受けながら暴力団排除に努めさせていただきます」と感謝した。

 一方、西臼杵地区遊技業組合は、巴山組合長をはじめ各店舗の店長ら5人が来署。代表して巴山組合長が延岡地区と同様の運動を実践し、「安心して遊技できる店づくりを推進する」との宣誓書を読み上げた。

 宣誓書を受け取った服部署長は「今のところ、署管内への暴力団の進出はない」とした上で、「高速道路の整備などに伴い、いつ反社会的勢力が進出してくるか分からない中での宣誓は心強い。引き続き、三ない運動プラスワンの実践をお願いしたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top