【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

地域防災への決意新た−日向市と西臼杵3町

本紙掲載日:2017-01-06
2面
恒例の「分団対抗提灯落とし」を披露する日向市の消防出初め式
町中心部で堂々の分列行進を披露する高千穂町の消防出初め式

一斉に消防出初め式

 日向市、高千穂、日之影、五ケ瀬町で5日、新年恒例の消防出初め式、消防始め式が一斉に行われ、それぞれ地域防災の一翼を担う消防団員が分列行進を披露、通常点検を実施するなどして結束を固めた。

 日向市の消防出初め式は、お倉ケ浜総合公園であった。市消防団10分団43カ部と幼年消防クラブなどが参加。日ごろの成果を披露し地域防災への決意を新たにした。

 第4分団第4部の山村雄貴部長による宣誓の後、点検長の十屋幸平市長らが参加各団体を観閲。市消防団ラッパ隊の吹奏、富高保育園の演技などが行われ、幼年消防クラブが誓いの言葉を述べた。

 閉会後は、恒例のアトラクション「分団対抗提灯(ちょうちん)落とし」。各分団の団員が数メートル先につり下げられた提灯に目掛け勢いよく一斉に放水し、落とすまでの早さを競い合った。

 放水は赤、青、黄などに色付けされており、訪れた家族連れなどから、青空に輝くカラフルなアーチに歓声が上がった。

 高千穂町の消防出初め式には、町消防団(佐藤高明団長)の幹部や団員ら465人が参加。午前8時30分から町中心部で分列行進を行い、地域の人たちらが見守る中、隊列を組んだ団員、消防車両がラッパ隊の軽快な吹奏に合わせて堂々の行進を披露した。

 その後、町総合公園競技場に会場を移し、点検長を務める内倉信吾町長らが「コ」の字隊形に並んだ団員を観閲。さらに、分団ごとに通常点検を実施し、機動分団第1部、第4分団機動部、第6分団第1部が発水試験を行った。

 表彰もあり、県知事、日本消防協会長、県消防協会長、町長、団長表彰の各受賞者に賞状、感謝状を贈った。

 日之影町では日之影小学校グラウンドなど、五ケ瀬町では町役場職員駐車場でそれぞれ消防始め式を行った。

その他の記事/過去の記事
page-top