【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新年の飛躍を誓う

本紙掲載日:2017-01-05
2面
門川町の新春年始会
高千穂町の新春奉賀会
宮崎商工会議所主催の新年賀詞交歓会

年始会や奉賀会、賀詞交歓会

 行政や経済団体などが始動した4日、門川町や同町議会、同商工会の新春年始会、高千穂町の新春奉賀会、日之影町の新春賀詞交歓会、五ケ瀬町の新春交歓会、宮崎市では宮崎商工会議所の新年賀詞交歓会があった。

◆幸せあふれる一年になるよう頑張ろう−門川町など

 門川町、同町議会、同町商工会主催の新春年始会は、同町の門川商工コミュニティセンターアピオであった。出席した行政、議会、商工会関係者ら約120人は笑顔で年始のあいさつを交わし、新年の飛躍を誓った。

 主催者を代表し、安田修町長は「今年も皆さまと手を取り合い、門川に住む人、門川を訪れる人、門川で働く人、全ての人にとって幸せあふれる一年となるよう頑張っていきたい」とあいさつ。

 「せーの」「よいしょ」の掛け声で鏡開きをした後、安田茂明議長は「今年は酉(とり)年ということで、羽ばたく前に、まずは心に太陽を。笑顔の絶えない一年になりますように」とあいさつし、乾杯の音頭を取った。

 参加者は各テーブルを行き来しながら、近況や新年の展望などを語り合った。


◆九州中央自動車道の整備、開通訴え−高千穂町

 高千穂町の新春奉賀会は、同町三田井の「ゆめゆめプラザTAC」であり、行政や商工、観光、農業など各団体の関係者ら約140人が出席、新年の始まりを祝うとともに飛躍を誓い合った。同町商工会、町主催。

 あいさつに立った町商工会の後藤和博会長は、昨年4月に発生した熊本地震を踏まえ、「改めて道づくりの必要性を痛感した」。その上で、同7月に西臼杵郡内の民間団体で「九州中央自動車道西臼杵利用建設促進まちづくり協議会」を発足したことに触れ、「皆さんの力を借りながら一日も早い整備、開通を訴えていきたい」と述べた。

 また、内倉信吾町長は「熊本地震で影響が出た高千穂観光の復興を前進させる年にしたい」とし、「2017年が素晴らしい年になることを心から願いたい」と述べた。

 来賓あいさつに続き、町議会の佐藤節生議長の音頭で乾杯。和やかな雰囲気の中、出席者はあいさつを交わしながら新年のスタートを祝った。

 この日は、日之影町の新春賀詞交歓会、五ケ瀬町の新春交歓会も開かれた。


◆県内各界のトップ一堂に−宮崎商工会議所

 宮崎商工会議所主催の新年賀詞交歓会は、宮崎市内のホテルであり、経済界のトップ、国会議員、河野知事や県幹部ら約1100人が出席し、新年のあいさつを交わした。

 米良充典会頭は「酉(とり)年は何が起きるか分からない。御身大事に、無事に乗り切りましょう」とあいさつ。

 宮崎銀行の平野亘也頭取は「日本経済全体が五輪に向けて元気になっていく年ではないか。宮崎も新しい企業の進出などがある。人材の確保は大変だが、それ以外は順調にいくのではないか」と今年の経済を展望。

 宮交ホールディングスの菊池克鮗卍垢郎鯒の東九州自動車北九州―宮崎間開通の効果が大きいとして、「高速バスの伸び率がすごく、経済的な交流が盛んになっている。道路を大きく活用して人材、経済、文化、スポーツの交流をしていきたい」と期待を寄せた。

その他の記事/過去の記事
page-top