【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ほろ酔いカンパチを出荷

本紙掲載日:2016-12-30
2面
ほろ酔いカンパチの発案者森徹夫さん(右)と延岡郵便局の川上総務部長

高千穂酒造とタイアップ−北浦町の鶴喜水産

◆ゆうパックで県内各所へ

 延岡市北浦町阿蘇の養殖会社鶴喜=かっき=水産(森正矩代表)と高千穂酒造(高千穂町押方)がタイアップして養殖している「ほろ酔いカンパチ」の出荷が29日始まった。延岡郵便局(同市南町)によるゆうパックでの配送を試験的に実施するもの。12月30日まで正月用として40〜50匹を県内各所へ発送した。

 ほろ酔いカンパチは、森代表の息子の森徹夫さん(50)が発案し名付けた魚。

 養殖するカンパチの餌に高千穂酒造が提供する焼酎の搾りかすを加えて育てている。体表の色艶が良く臭みがないなどの特徴があり、本来廃棄される焼酎かすを活用することで酒造会社は廃棄コストが軽減され、企業にも環境にも優しく、さらにはカンパチの品質も向上しているという。

 新しい高付加価値商品を目指してブランド化と販路拡大を図っている徹夫さんが、延岡郵便局へバックアップを依頼。11月初旬から同局の川上尚起総務部長と話を進め、今年は試験的にゆうパックでの配送を行うことになった。

 この日は、北浦町の阿蘇港に同局から4人が訪れ、同日朝に水揚げされたカンパチを発泡スチロールの容器に氷を詰めて輸送車に積み込む作業を見守った。

 「来年以降は延岡市内の全ての郵便局でほろ酔いカンパチの発送受け付けができるよう準備を進めている。少しでも地元の力になり、活性化につなげられれば」と川上総務部長。

 徹夫さんは「臭みが抑えられており刺し身やカルパッチョでおいしく食べてもらえます。郵便局の協力を得ながら、県のブランドになるよう広めていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top