【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

リベンジ上州路−旭化成(上)

本紙掲載日:2016-12-29
9面
ニューイヤー駅伝に挑む旭化成の選手たち

第61回ニューイヤー駅伝

◆“黄金期に挑む”主将・丸山−市田孝大六野、抜群の安定感

 第61回全日本実業団駅伝(ニューイヤー駅伝)は来年1月1日午前9時15分から、群馬県庁前を発着点とする7区間100キロで、全国37チームが争う。31年連続54回目の出場、最多21度目の優勝を誇る旭化成。17年ぶりの王座奪還へ向け、選手、監督の意気込みを2回に分けて紹介する。

 優勝候補の筆頭として臨んだ前回のニューイヤー駅伝。だが、悪い流れを断ち切れず、まさかの7位。今季は佐々木悟と村山紘太がリオデジャネイロ五輪に出場するなど、個人での活躍は続く。しかし主将の丸山文裕は「結局駅伝で勝たないと、先輩たちや周囲は認めてくれない。今の世代が強かったということを証明するために、打ち破りたい」。黄金期に挑む。

 「勢いがあったがその分、自分たちで浮き足だった。いいことだけを考えすぎてレースに入ったために、流れを変えられなかった」とは前回を総括する西政幸監督の言葉。丸山も「優勝できるという雰囲気に流され、思うように進まないレースに戸惑った」と認めている。

 今年のエントリーメンバーは佐々木、深津卓也、出口和也、鎧坂哲哉、丸山、市田孝、市田宏、吉村大輝、大六野秀畝、村山謙太、村山紘太、西純平の12人。「1万メートルの27分台が6人に駅伝のサブテン(2時間10分以内)が3人」(西監督)。若手有望株の茂木圭次郎は故障で外れたが、持っている力はもちろん、優勝候補に値する。

 その中で、今季抜群の安定感を誇るのが、大六野と市田孝。トラックで常に結果を残し、駅伝でも支柱として期待される。

 市田孝は前回、当日の出走はかなわず。「サポートをさせてもらい、緊張感や雰囲気は味わった。だが、次こそ自分が走り優勝に貢献するという強い気持ちも湧いた」。

 中学時代から弟の宏とともに駅伝の主力と全国で活躍してきた男が奮起。「1年目は練習をこなすだけで精いっぱいだったが、今季は監督やコーチとその目的を話し、練習は本番という気持ちで取り組めるようになった」。

 大六野のコンスタントにハイレベルで走る力は国内トップクラス。1万メートルの自己ベストは昨年、村山紘太と鎧坂哲哉が日本記録を上回った八王子ロングディスタンスでの27分46秒55。今年も同記録会で「よりしっかり狙って出せた」と、27分台をマークし、自信を増した。

 今、目指すのは来夏のロンドン世界陸上1万メートルの代表。リオ五輪を選考会6位で逃しており、世界への思いは強い。

 ニューイヤーへ向け市田孝は「前回走れなかった悔しさは大きく、それをバネにしたことが、今につながっている。重要区間を任される覚悟を持って、区間賞や勝負を決める走りを」。挑戦予定の東京マラソンへ向け、弾みを付ける。

 大六野は「どんな状況でも(力を)出し切ること。積極的なレースをして、区間賞を」。少ない言葉に覚悟がにじんだ。

その他の記事/過去の記事
page-top