【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

話題−アニメ映画のモデル「宮水神社」?

本紙掲載日:2016-12-23
3面

 爆発的ヒットとなっているアニメ映画「君の名は。」。“聖地巡礼”だと称して、熱心なファンが劇中のモデルとなった場所を特定して訪れるなど人気になっている。

 その中の一つが「宮水神社」。映画に出てくるのは、飛騨高山市にある二つの神社がそうではないかとされているが、名前は「宮水神社」ではない。ずばり、その名の神社が存在するのは、そう日之影町宮水=写真=。

 日之影町史によると、宮水神社の「創立年月日は定かではないが、別称『親武大明神』とも呼び、安政2(1856)年に袴田に鎮座していた北山大明神を合祀(ごうし)して郷社になり、明治初年に宮水神社と改称した」。

 別称の親武は最後の高千穂領主三田井親武のこと。親武の首塚がこの境内にある。親武は、延岡城主高橋元種に攻められ、三田井家家老の甲斐宗摂に討たれてしまう。宗摂は首実検のため元種の本陣に向かうが、突然、その首が重くなり、動けなくなったのがこの地。そのためここに親武を祭ったという。

 映画のストーリーとは違うが、名前にあやかってみてはどうでしょう。ただ周辺の道は離合できないほど狭く、駐車場もないため、道の駅青雲橋あたりから歩いては。15分程度です。

その他の記事/過去の記事
page-top