【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふれあいフォーラム

本紙掲載日:2016-12-23
3面
知事と移住者が意見交換

フォローアップ体制充実を

◆知事、移住者と意見交換

 今後の県移住施策に生かそうと、河野知事は21日、県庁で県内への移住者7人と意見を交換した。宮崎で暮らす移住者の家計簿やライフスタイルを紹介する情報発信方法の提案や、移住後のフォローアップ体制の充実を求める声があった。

 「河野知事とのふれあいフォーラム(こんにちは!河野です)」の分野版として開催。神奈川県から延岡市に移った藤平隆之さんや大阪府から高千穂町に来た板倉哲男さんら7人が参加した。

 板倉さんは「消防団や祭りなど地域とずっとつながっていることが魅力」、藤平さんは「延岡でクライミングジムを立ち上げる時に受け入れてくれ、すごく動いてくれた。人のよさや温かさがある」と宮崎の魅力を説明。

 一方で、賃金の低さなどを不安に思う人が多いとの意見が多く、藤田伊織さん(綾町)は「収入は減ったけど出ていくお金も少ない。財布の中身を見せるなど具体的な数字を出すことも大事だ」と提案。さらに、移住には勇気や価値観を切り替えることが必要だとし、「ライフスタイルの例を挙げて不安に思う人に伝えてあげるのもいい。個人レベルでの発信が何よりも親近感が湧く」とアドバイスした。

 また、移住後に人間関係で悩んでいる人も多いといい、眞鍋裕起子さん(宮崎市)は「来てくれとアピールするばかりでなく、フォローアップも必要」とした。知事は「移住者の考えを受け止め、アンテナを高くしていくことが大切だ」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top