【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

デイリー健康大学延岡会場(上)健康診断と未病

本紙掲載日:2016-12-21
3面
「健康診断と未病」について話す延岡健診センターの後藤茂所長

延岡健診センター・後藤茂所長

 財団法人デイリー健康福祉事業団(佐藤公昭理事長)の第23期デイリー健康大学の第4回講座はこのほど、延岡市社会教育センターで開かれ、延岡健診センターの後藤茂所長が「健康診断と未病」をテーマに講演した。要旨を3回に分けて紹介する。


◆延岡で唯一、健診専門の施設−受診率約3割低い国保特定健診

 延岡健診センターは、延岡で唯一の健康診断を専門とする施設です。平成26年4月に開設し、市の地元企業と住民の定期健康診断を受託しています。

 現在、市が受診を呼び掛けている国保特定健診は3割程度しか受けられていません。特定セット健診が無料なのに受診率が低いのは、「検査結果の意味が伝わっていない」からだと思います。

 今回は国保特定健診を例に受診結果の血液検査を中心に説明します。後半は、健診と未病について話します。

 まず身体測定ですが、特に体重は、ダイエットをしていないのに減っていると年齢を加味してがんや悪性腫瘍を疑います。

 増えている人は原因を探ります。ウエストはメタボリック症候群(メタボ)と関連があり、第1条件はウエスト周囲が男性85センチ、女性90センチ。それを満たし、血圧、血糖、中性脂肪(トリグリセリド)など二つが異常だとメタボです。

 注意すべきは悪玉(LDLコレステロール)ではなく、善玉のHDLコレステロールが少ない人が基準に該当することです。

 女性に5センチの有余があるのは、女性に皮下脂肪が多い分、腹囲が90センチ以上にならないと内臓脂肪が増加しないからです。

 皮下脂肪は、長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンなど良いホルモンを出します。

 アディポネクチンは血管を掃除するので、それができないと動脈硬化が起きます。男性に多い内臓脂肪はアディポネクチンが減少するため、女性に比べて平均寿命を縮めているのかもしれません。

 脂肪は例えるとガソリンでエンジンは筋肉や肝臓。空腹時に運動すれば筋肉は栄養を必要とするので脂肪を糖に変えて使います。内臓脂肪が肝臓につけば脂肪肝になり、あふれると血管の中に中性脂肪が出てきます。

 健康診断は朝食を抜いて採血しますので、食事から取り込まれた中性脂肪(外因性トリグリセリド)ではなく、余分なエネルギーとしていったん肝臓に取り込まれた脂肪が再び血液中に分泌された中性脂肪(内因性トリグリセリド)の値を測っています。

 数値が高い人は血液ドロドロです。中性脂肪は善玉を減らすだけでなく悪玉を増やす作用があり、脳梗塞や心筋梗塞などを起こしやすくなります。中性脂肪を減らす薬はないが運動は中性脂肪を減らし善玉を増やします。

 プロフィル大分県別府市出身。大分県立別府鶴見丘高校卒。大分医科大学(現大分大学)医学部卒業後、同大学院在籍中に国立別府病院外科(研修医)勤務。平成5年からクイーンズランド州立医学研究所移植研究室室長、同13年岩男病院(湯布院)副院長などを経て同27年4月より現職。57歳。

その他の記事/過去の記事
page-top