【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

死亡事故再発防止へ

本紙掲載日:2016-12-17
3面
再発防止策を考える交通死亡事故現場の検討会

門川町で現場検討会

 日向警察署(戸眄唇貊霙后砲錬隠卸遑隠尭、門川町中須2丁目の国道10号で発生した交通死亡事故の現場検討会を開いた。同署や国交省、地域の代表者、交通安全協会など約20人が参加し、事故の原因や再発防止策について考えた。

 事故は3日午前10時半ごろ、五十鈴大橋北詰めの信号機のない交差点で発生。国道を南進中の普通乗用車と北進右折してきた原付きバイクが衝突し、原付きバイクの73歳女性が亡くなった。

 検討会は事故の発生した時間帯に始まり、参加者は黙とうした後、事故の状況などの説明を交通課署員から受けた。

 同署によると、平成18〜27年までの間、現場の北進車線で10件、南進車線では7件の人身事故が発生。特に北進車線では、右折待ちの車両に後続車が追突する事故が目立っているという。

 内立三郎交通課長は「北進車が右折できることに問題があると感じている」と話し、今後は北進車の右折を禁止することを提案。地域住民からは「安全が一番。少し不便になったとしても中央分離帯を作るべき」などの意見があった。

 国交省の担当者は「意見を持ち帰って対応を検討したい」。ポールコーンなどの設置ではバイクが通り抜ける可能性があるため、現場に中央分離帯や柵を設け、車両の通行を不可にするなどの対応が考えられるという。

 内立課長は「事故は運転手の責任ではあるが、改善できるところは改善していきたい。地域の方々に説明する機会を設けていただき、対応への理解を求めたい」などと話した。

その他の記事/過去の記事
page-top