【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

なるかセンバツ−21世紀枠

本紙掲載日:2016-12-17
1面
戸盍篤弔ら報告を受ける高千穂の選手たち(12月16日、高千穂高グラウンド)

高千穂−全国9校の候補校に

◆1月27日−最終選考で3校決定

 来春の「第89回全国選抜高校野球大会」21世紀枠の全国9地区の候補校を12月16日、主催する日本高校野球連盟などが発表。九州地区は高千穂が選ばれた。宮崎からの候補校選出は平成19年の都城泉ケ丘(同枠選出)などに続いて4校目。県北からは初。来年1月27日の選考委員会で、出場3校が決まる。

 高千穂は秋の県予選で準優勝し、九州大会に初出場。初戦の2回戦でれいめい(鹿児島1位)に0―5で敗れたが、困難の克服、マナーの模範、文武両道などを評価する21世紀枠の県候補校に2年ぶりに選ばれていた。

 九州地区では他8校との比較で、地域との交流(神楽など)、困難の克服(過疎)や九州大会で潜在能力の高さを示したことが評価され、満場一致で選ばれた。

 1月27日の選考委員会では、全9校の中から、東日本(北海道から東海)、西日本(近畿から九州)から1校ずつと、残り7校から1校の計3校が選ばれる。

 発表のあった16日午後5時すぎ、練習中のナインが集められ、戸睛亀監督から「おめでとう。一日ずつの積み重ねが大事だというところはぶらさずに、しっかり準備していこう」と吉報が届けられた。

 山口博範校長は「西臼杵の郡民みんなが期待している。練習も学校生活もだが、学校外でも意識した行動をしてほしい」。選手たちは引き締まった表情でうなずき、副主将の馬原希琉投手は「甲子園が近づいたという実感が初めて湧いてきた。まだ決まっていないが、しっかり戦えるよう一日を大切に準備していきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top