【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本といっぱいあそんだよ!

本紙掲載日:2016-12-14
6面
読み聞かせを楽しむ子どもたち
紙芝居「ももたろう」を披露する鈴木隊長

おはなし隊が北方町に−延岡

 500冊以上を積んだ移動図書館型のキャラバンカーで日本各地を巡り、子どもたちと本との出合いを演出する「本とあそぼう全国訪問おはなし隊」が12月20日まで県内で活動中だ。13日には延岡市北方町の北方コミュニティセンターを訪れ、地元の園児ら約80人が読み聞かせなどを楽しんだ。

 おはなし隊は、大手出版社「講談社」(本社・東京)の創業90周年記念事業として平成11年7月にスタート。キャラバンカーは青とピンクの2台あり、それぞれ1カ月に1都道府県のペースで巡っている。宮崎に来るのは9回目。

 北方町への訪問は2年ぶり4回目。延岡市立図書館北方分館が開館15周年事業の一環で招き、鈴木よね子隊長が青色のキャラバンカーでやって来た。

 園児は「読み聞かせ」と「読書」の二つのグループに分かれて本と触れ合った。読み聞かせグループは、絵本「パンダともだちたいそう」や紙芝居「ももたろう」など披露された物語の世界に夢中になった。

 一方の読書グループは、キャラバンカー内の一部の本が並べられた別部屋に移動し、好きな本を選んだ。本来ならキャラバンカーの中に実際に入って、そこから本を持ち出して楽しむ予定だったが、この日はあいにくの雨。鈴木隊長は「キャラバンカーの中に入ってもらいたかったが、それをさせてあげられずに残念だった。子どもたちはすごく人なつっこくてかわいらしかった。これからたくさん本を読んでほしい」と話した。

 キャラバンカーは15日まで県北に滞在し、2市2町の保育園や小学校など8カ所に訪れる予定。

その他の記事/過去の記事
page-top