【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県職員が企画県内ツアー13弾

本紙掲載日:2016-12-14
3面
貸切列車の前で記念写真。2日間の日程で延岡を満喫した参加者

延岡の食、レジャー満喫

 県職員が企画、実践する県内ツアー第13弾「B列車で行こう!〜沿線B級グルメ堪能の旅」が10、11の2日間の日程であった。参加した約50人が延岡駅発着の臨時貸切列車に乗って大分県の臼杵駅間を往復しながら沿線のB級グルメや地酒を満喫した。

 同ツアーは、県の事業「100万泊県民運動」の輪を広げようと県環境森林部長の大坪篤史さん(58)=延岡市出身=が発案し、4年前から実施している。これまでに300人以上が参加し、県内各地の魅力を再発見しながら交流を深めている。

 今回はJR九州に協力を依頼し、臨時の貸切列車を用意。延岡駅から臼杵駅を往復しながら、延岡市内の飲食店に特注した「延岡弁当」や地酒などのグルメに舌鼓。市棚駅や宗太郎駅などに途中下車するなどしてゆったりと日豊線沿線の旅を満喫した。

 夜は、延岡市内に宿泊し、延岡名物のチキン南蛮や新鮮な魚介類、ジビエ料理を楽しみながら夜のまちを楽しんだ。

 2日目は島浦町に渡り、町内を散策。魚釣りやクルージングを楽しんだ後、公園で地域の人たちと触れ合いながら昼食を味わった。

 ツアー発案者で世話人を務めた大坪さんは「今回は試験的に列車を貸し切って実施してみましたが、参加者は大満足。東九州バスク化構想でも列車を利用していくことも大事かなと感じた。参加者全員延岡ファンになってくれたので、これからも企画を考えながら延岡や県北の魅力を発信していきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top