【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂キが完全V−1部

本紙掲載日:2016-12-13
9面
1部優勝の高千穂キッカーズ
2部優勝の向洋クラブ
3部優勝のけまり団

延岡地区サッカーリーグ最終節

◆2部向洋ク、3部けまり団

 平成28年度延岡地区サッカーリーグ(延岡市サッカー協会主催、サッカーショップオキ、夕刊デイリー新聞社後援)最終節は11日、西階球技場など市内3会場で行われ、前節に優勝を決めた高千穂キッカーズはエルフシュリットを下し完全優勝を果たした。混戦の2部は向洋クラブがインフィニティと引き分けたものの、旭蹴会がラボーナに敗れたため、勝ち点2の僅差で優勝。3部はけまり団が制した。

 今季リーグは1部9、2部8、3部7チームが参戦して4月3日に開幕、総当たり戦で優勝を競った。1部は前節、AZULを下し優勝を決めた高千穂キッカーズが最終戦でエルフシュリットと対戦。前半1―0とリードされて迎えた後半、高千穂は町川雄一郎、佐藤利将、佐藤俊裕と立て続けに3得点を決め逆転勝ち。8戦全勝で優勝に花を添えた。

 向洋クラブ(勝ち点14)、旭蹴会(同13)、インフィニティ(同12)の3チームに優勝の可能性を残した2部は、向洋クラブ―インフィニティが1―1で引き分けたため、インフィニティの優勝が消え、勝ち点1を加えた向洋クラブは次戦の旭蹴会―ラボーナの結果待ち。勝てば自力優勝の旭蹴会だったが、2―0とリードして迎えた後半、立て続けに3失点を喫し、逆転負け。向洋クラブが勝ち点2差で辛くも優勝を決めた。

 3部は、けまり団が9―1の大差でFCドリームズを下し、5勝1分けの好成績で優勝した。

◆MVPに佐藤、田口、玉田3選手

 リーグ納会と表彰式は同日夜、市内の飲食店で行われ、各部の優勝チーム、個人賞、夕刊デイリー新聞社賞などを表彰した。

 最優秀選手は1部が佐藤俊裕(高千穂キッカーズ)、2部が田口慎一郎(向洋クラブ)、3部が玉田陽介(けまり団)。

 その他の個人賞は次の通り。

【1部】
▽優秀賞=谷山慎(マヨネーズ)
▽敢闘賞=矢野健太郎(NPC)
▽得点王=富永達郎(エルフシュリット)
▽ベストGK賞=堀田敏男(NPC)
▽ベストDF賞=工藤崇一朗(高千穂キッカーズ)
▽最優秀監督賞(夕刊デイリー新聞社賞)=木下克幸(高千穂キッカーズ)。

【2部】
▽優秀賞=高桑潤(旭蹴会)
▽敢闘賞=山本祥三(ラボーナ)
▽得点王=安田文洋(平安SC)
▽ベストGK賞=上田剛(向洋クラブ)
▽ベストDF賞=奈須建(旭蹴会)
▽最優秀監督賞(夕刊デイリー新聞社賞)=甲斐大揮(向洋クラブ)。

【3部】
▽優秀賞=猪之鼻哲(西高クラブ)
▽敢闘賞=吉田正直(緑ケ丘SC)
▽得点王=綱川泰章(西高クラブ)
▽ベストGK賞=吉田正人(けまり団)
▽ベストDF賞=塩月秀則(西高クラブ)
▽最優秀監督賞(夕刊デイリー新聞社賞)=河野論(けまり団)。

【地区リーグ功労賞】
▽猪孝一(旭蹴会)

◇入れ替え戦は1月29日

 リーグ入れ替え戦は1月29日午前10時から西階補助グラウンドで行われる。1部8、9位の延岡市役所、高千穂町役場、2部7、8位の東海FC、CBFCが自動降格。

 入れ替え戦は、レヴァンテ(1部7位)―旭蹴会(2部2位)=午前10時、第2試合はマルカトーレ(2部6位)―西高クラブ(3部2位)=正午。


◆向洋クラブ、激戦制す

 2部は激戦の末に向洋クラブが優勝し、降格から1年で1部復帰を果たした。

 首位で迎えた最終節。勝てば優勝決定、引き分ければ旭蹴会の結果待ちという状況だった。試合ではインフィニティに先制を許したが、後半に粟田匡彦が貴重な同点ゴール。何とか1―1の引き分けに持ち込んだ。

 旭蹴会の結果を受けての優勝に、上田剛主将は「何だか複雑」。勝って決めきれなかったことに戸惑いをのぞかせつつ、「(昇格、降格を繰り返す)エレベーターチームにならないよう頑張りたい」と視線を来季に向けていた。

その他の記事/過去の記事
page-top