【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

寿屋の元従業員が“同窓会”

本紙掲載日:2016-12-13
2面
市内外から43人が参加した睦美会の懇親会(写真はいずれも甲斐さん提供)
近況報告する壽崎さん

創業者の壽崎さんも元気な姿−延岡

 九州最大手として一時代を築いた旧スーパーストア寿屋の延岡店で働いていた従業員でつくる「睦美会」(甲斐達己会長)の懇親会がこのほど、延岡市春日町の「味処国技館」で開かれた。市内外からの43人が参加。当時を懐かしみ、思い出話に花を咲かせた。創業者の壽崎肇さん(91)=熊本市=も出席し、元気な姿を見せた。

 懇親会は毎年この時期に実施している。あいさつで甲斐会長は今年4月に起こった熊本地震に触れ、「熊本は寿屋の本部があった場所で大変お世話になった。睦美会も義援金を送らせていただいた。一日も早い復興を願う」と述べた。

 壽崎さんもマイクを握り近況報告。商業会九州沖縄連合同友会の会長を務めており、今年10月にその研修でアメリカ訪問したことなどを話した。

 旧延岡店の従業員で現在は市議会議員の甲斐行雄さんの乾杯の音頭で開宴。踊りやカラオケなどのアトラクションもあり、参加者は楽しいひとときを過ごして強固な絆を確認した。最後は元店長の田尻健次郎さんの万歳三唱で締めくくった。

 甲斐会長は「壽崎会長も元気そうで本当に良かった。来年は復興への願いも込めて、熊本で開催できれば」と今後も継続していきたい考えを示した。

 寿屋は昭和22年10月、大分県佐伯市で発祥。43年5月に本部を佐伯市から熊本市に移すと、事業を拡大。52年までの約10年間で店舗数を14から70に一気に伸ばし、その後も着々と成長。最盛期には130店舗以上を経営した。しかし、バブル期の終わりとともに経営環境も変わり、平成14年1月末に全店舗を休業、その後再開できなかった。

 延岡店は昭和37年4月、系列6店舗目としてオープン。44年12月に2階建てを祇園町に開店。46年10月には幸町に9階建ての店舗を構え、食料品や日用品、洋服などさまざまな商品を扱い、市民の生活を支えた。

その他の記事/過去の記事
page-top