【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

創業40周年と門川店新築祝う

本紙掲載日:2016-12-12
2面
鏡開きで創業40周年を祝った(提供写真)
西谷社長が大勢の出席者を前にあいさつした(提供写真)

西の丸謝恩会−協力者と利用客に感謝

 門川町中須に本社を持つ遊技業、西の丸(西谷栄一会長、西谷淳社長)の創業40周年と門川店新築落成謝恩会が5日、延岡市別府町のマリエールオークパインであった。来賓、関係企業、利用客代表を含む166人が参加して盛大に祝った。

 40年の歩みがスライドで紹介され、門川店の建替工事に携わった田村設計と福岡五光に感謝状を贈った。

 西谷社長(53)は、同社の事業拡大の経緯を、栄一会長(78)の長男としての視点から振り返り、協力者と利用客に感謝。「会長が40年間実践してきた『明るく楽しい心の安らぎの場づくり』を今後も継続したい。皆さまにあすへのささやかな生きがいを与えて差し上げることが地域社会への貢献となると信じて精いっぱい努力してまいります」とあいさつした。

 鏡開き、乾杯をして開宴。アトラクションでは年内に新装オープン予定の門川店の社員が「日向十五夜太鼓」「ソーラン節」を披露した。

 栄一会長は、主に、社内のボランティア組織「一善の会」の活動について述べ「皆さまから『まさか』と思えるようなありがたいご支援を多く授けていただいたおかげで現在の西の丸があります」と、感謝の言葉で会を締めくくった。

 同社は昭和51年12月1日に設立し、延岡市構口町に1号店(現延岡店)をオープン。現在、グループ会社の日の丸産業とサンクスギビングが運営している店舗を含めて、県内に10店舗(延岡市、門川町、日向市、川南町)、福岡県久留米市に1店舗の計11店舗を展開している。門川店は7月から休業して建替工事を行っていた。

 また、全社を挙げてボランティア活動に取り組んでおり、東日本大震災の被災地には25日間に延べ71人、熊本地震後は11日間に延べ60人を派遣したのをはじめ、地元、県外を問わず災害復旧活動に参加。日常的には地域の花壇づくりや美化活動、地元のイベント開催前の草刈りなどを行っている。

その他の記事/過去の記事
page-top