【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

弁護士さんが島野浦小で授業

本紙掲載日:2016-12-10
7面
仕事内容を実演する弁護士と興味津々な様子の島野浦小児童

県北支部会初の取り組み−延岡

◆実演交え分かりやすく

 弁護士を身近に感じてもらおうと県北に事務所を構える弁護士の有志5人が8日、延岡市島野浦小学校(宮下学校長、22人)を訪れ、寸劇を交えながら弁護士の仕事を分かりやすく解説した。

 小学校を訪問したのは、平成21年に県北に事務所を構える弁護士が立ち上げた「県北支部会」(11事務所、14人)のメンバー。同会が学校を訪れ、講演や授業を行うのは初の取り組みという。

 授業を受けたのは5、6年生10人。来校した松岡優子弁護士(西山松岡法律事務所)、村上友彦弁護士(法テラス延岡法律事務所)、五嶋俊信弁護士(日向法律事務所)、田坂源治弁護士(ひなた法律事務所)、渡辺純一弁護士(延岡総合法律事務所)がそれぞれ自己紹介をし、5人で授業を進めた。

 弁護士を証明するバッジの説明では実際にバッジを児童に渡し、ヒマワリは自由と正義、てんびんは公平、平等を表していることを紹介。

 松岡弁護士によると、テレビでは金色に光っているバッジが多いけれど、実際にはだんだん銀色にくすんでくる。金色のバッジをしている人は弁護士になって間もない人だという。

 弁護士の仕事は大きく分けて三つ。民事事件、刑事事件、法律相談であるとし、1週間のスケジュール表を配り、「事務所にじっとしていることは少なく、裁判所や警察署、相談に出向いたりしています」。

 また、被疑者と弁護士のやりとりを実演した。被疑者が起訴されて被告人になることや、警察が行う取り調べの際には黙秘権があることなど分かりやすく説明。

 村上弁護士は「依頼人の無罪を証明するために証拠を調べたりします。有罪の人でも刑が重くならないようにするのも私たちの仕事です」と話した。

 児童は「1回の相談でいくらですか」「休みはあるの」など興味津々な様子。弁護士になった経緯や通った学校、弁護士歴などまで詳しく説明を受けていた。

 最後に松岡弁護士は「早めに相談することで解決が早くなることも多い。困り事があれば気軽に相談に来てほしい。子どもでも大丈夫です」と呼び掛けた。

 6年生の長友光士朗君は「弁護士は堅いイメージだったけれど、実際に会うと話しやすかったです。有意義な時間をありがとうございました」とお礼を述べた。

 同会による学校訪問は今回初めての取り組みだったが、「今後も継続していきたい」という。

その他の記事/過去の記事
page-top