【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大和屋に「適マーク」交付

本紙掲載日:2016-12-10
2面
「適マーク」を手にする飯干社長。右は三星消防長、左は佐藤修三消防署長

西臼杵消防本部−管内第1号の認定施設に

 西臼杵広域行政事務組合消防本部(三星文男消防長)は8日、高千穂町三田井の旅館「大和屋」(飯干みち子社長)に、厳しい防火安全基準を満たした宿泊施設であることを認める適合表示マーク「適マーク」を交付した。同消防本部管内では第1号の認定施設。

 適マークは、対象となる収容人員30人以上、地上3階以上の宿泊施設からの申請に基づき、消防機関が審査、交付する制度。平成24年5月に7人が死亡、3人が負傷した広島県福山市でのホテル火災を踏まえ、同15年に廃止された旧制度の基準を厳格化し、同26年4月から新制度の運用が始まった。

 この日は、同消防本部で交付式があり、三星消防長から適マークを受け取った飯干社長は「認定していただき、火災予防に対する従業員のさらなる意識向上につながる。これまで以上に宿泊される方々の安心、安全を第一に営業していきたい」と話した。

 適マークの表示は、青地に金マークと銀マークの2種類。今回交付されたのは銀マークで、これから1年ごとに審査を受け、3年間継続して基準に適合していると認められると、金マークが交付されるという。

 三星消防長は「適マークは、安全、安心な宿泊施設であることを広くPRできるシンボルマーク。今後も防火対策に努めていただき、次は金マークを取得してもらいたい」と呼び掛けた。

 適マークの認定には、消防法や建築基準法に基づくさまざまな書類の提出などが求められる一方、交付を受けた後は消防機関から安心、安全の〃お墨付き〃を得た施設としてホームページ上にも表示できるなどのメリットもあり、同消防本部は「観光客が多く訪れる地域だけに、対象となる宿泊施設に申請を働き掛けていきたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top