【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡で観光みやざき創生塾

本紙掲載日:2016-12-10
3面
岸壁で延岡沿岸のダイビングの魅力について説明する高橋さん

北浦の海市場などで特別研修

 宮崎県ならではの魅力的な観光商品を提供できる人材を育成しようと県が設けた「観光みやざき創生塾」のうち「中核人財コース」の特別研修が3日間の日程でこのほど、延岡市で開かれた。

 2日目には現地視察があり、市は「ひむか遊パークうみウララ」の愛称で売り出し中の北部海岸地域を視察地に提供。

 県内のホテル業や交通機関など観光関係の事業者を中心とする塾生と主任講師の山田桂一郎さん(政府認定〃観光カリスマ〃)、特別講師の山田拓さん(美ら地球CEO)ら20人が、須美江家族旅行村、浦城町のダイビング専用タラップ、北浦町の道の駅北浦、きたうらら海市場を視察した。

 2カ所目では、市内のアウトドア観光のリーダー高橋勝栄さん(45)=ひむか感動体験ワールド理事長=が、ダイビング専用タラップのある岸壁で、海を見せながら延岡沿岸のダイビングの魅力をアピールした。

 駐車場のすぐそばにダイビングスポットがあること、洋服の上に着て潜水できるドライスーツの貸し出しを用意していること、ダイバーに絶大な人気のあるカエルアンコウが、最多で1日に33匹も見られることなどを話した。

 主任講師の山田さんは「今回の研修テーマは〃資源の生かし方〃。団体旅行客が減っている今、『いつでもどこでも誰にでもお薦め』というような観光地には、なかなか来てくれなくなっている。ターゲットを絞り、それぞれが少人数ずつ誘致していけば、全体として大きなマーケットになる。そういう意味で可能性を感じる場所だ」と話していた。

 同塾は昨年9月に開講し、来年2月まで全7回行われる。

その他の記事/過去の記事
page-top