【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

揚がれ!私たちのたこ

本紙掲載日:2016-12-09
7面
甲斐さんに教わりながら、たこ作りを楽しむ美々津中1年生

日向・美々津中−新春たこ揚げ大会目指して

 新春恒例のたこ揚げ大会を前に日向市美々津町の美々津中学校(黒木幸信校長)の1年生23人は2日、同中体育館でたこ作りに挑戦した。美々津公民館主催。

 美々津町は神武天皇の「お舟出の地」として知られている。その際、たこを揚げて風向きを読んだという伝説にちなみ毎年、新春にたこ揚げ大会を開いている。たこ作りは美々津中をはじめ同じ地域の美々津小、寺迫小でも実施されている。

 この日、生徒たちは約1時間30分をかけ、47センチ四方の和紙に竹骨を4本接着し、骨の交差する部分を糸で補強した後、背張糸などを張って完成させた。

 講師は、20年前から子どもたちにたこ作りを指導している地元の甲斐政夫さん(81)。「途中で失敗しても負けないこと」などと生徒たちを励ましながら、修繕の方法などもアドバイスした。「これからも地域の伝統行事を守り伝えていけたら」と話した。

 絵付けは各自、自宅に持ち帰って行う。小学生の頃から数え「7回目のたこ作り」という天野真里さんは「来年は酉(とり)年なので、揚げたときに目立つニワトリの絵を描きたい」と話した。

 たこ揚げ大会は1月7日、同町の耳川河口の海岸で開かれる。

その他の記事/過去の記事
page-top