【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

五ケ瀬中2年生が医療体験

本紙掲載日:2016-12-09
6面
医師や看護師の指導で縫合体験に挑戦する五ケ瀬中生

地元病院で縫合や模擬手術

 医療職への関心を高め、将来の進路選択に役立てたり、地域医療について考えようと五ケ瀬町五ケ瀬中学校(田代和浩校長)の2年生22人は3日、地元の五ケ瀬町国民健康保険病院で医療体験学習を実施し、縫合や模擬手術などの体験を通して医療現場の空気を肌で感じ取った。

 同病院や西臼杵広域消防署の全面的な協力を受け、平成25年から毎年実施している。この日は「縫合」「模擬手術」「救急救命」のプログラムを用意。生徒たちは3グループに分かれて、医師や看護師、消防署の救命救急士らのアドバイスを受けながら全てのプログラムを体験した。

 このうち、縫合体験では持針(じしん)器、鑷子(せっし)などの器具、医療用の針と糸を使い、傷口のように切り込みを入れた家庭用スポンジの縫い合わせに挑戦。普段使い慣れていない器具に悪戦苦闘しながら真剣な表情で取り組んでいた。救急救命体験では心臓マッサージのやり方やAED(自動体外式除細動器)の扱い方などを学習した。

 松本幸成君(14)は「器用さや丁寧さが求められる作業ばかりで難しかった。病院での仕事がどのようなものか勉強になった」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top