【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コール・ベル10周年−延岡

本紙掲載日:2016-12-08
6面
ゲストの2人と共に、アンコールの曲を歌うコール・ベルとコール・SAKURA
振り付きで歌謡曲を歌った第4部

多彩に記念コンサート

◆昭和の歌謡曲も華やかに

 延岡市の女声コーラス「コール・ベル」(黒竹美喜子代表、27人)の10周年記念コンサートが4日、延岡総合文化センター大ホールであった。

 パーカッショニスト服部央さん(宮崎市在住)と、延岡フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスターの黒木佑基さん(バイオリン、日向市在住)をゲストに迎え、息のそろったハーモニーと多彩なステージで来場者を楽しませた。指揮は佐藤直子さん(延岡市)、ピアニストは黒木裕子さん(日向市)。

 プログラムは6部構成。主に昭和の歌謡曲を特集した第4部では、大柄のワンピースなど華やかな私服姿で登場し、「東京ブギウギ」「プレイバックPart2」などを振り付きで歌った。

 ドラムセット、ジャンベ、カホンなど多種の打楽器を持参した服部さんは、来場者の手拍子とセッションをしたほか、第4部で共演して歌謡曲の演奏を盛り上げた。黒木さんは妻裕子さんのピアノ伴奏でベートーベン作曲「ロマンス」を独奏し、バイオリンの美しい音色を聞かせた。

 最終ステージの曲は「つぶてソング第2集」(全6曲)。東日本大震災の後、福島県の詩人和合亮一さんが書き続けている「詩の礫(つぶて)」に新実徳英さんが作曲したものだ。5年前、同合唱団が周年記念コンサートを開いた5日後に大震災が発生したことから、「震災の記憶を風化させてはならない」と、この曲を選んだという。

 同じく佐藤さんが指導する姉妹合唱団「コールSAKURA」(都城市)が加わり、43人で「夢があるのなら」「街を返せ」など被災者のメッセージを歌い上げた。

 最後はゲスト2人も加わり「瑠璃(るり)色の地球」を優しく歌って、アンコールに応えた。

 コール・ベルは平成17年に結成。日中交流事業やインド国際子ども村ハッピーバリーの活動に協力しているほか、県内全体の合唱技術向上を目指す「楡(にれ)の会」の所属団としても活動している。

その他の記事/過去の記事
page-top