【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

内藤記念館再整備−どうなる壁画、静思庵

本紙掲載日:2016-12-08
3面
内藤記念館西側の壁画
静思庵

延岡市教委「移設、保存厳しい」

 延岡市が進めている内藤記念館再整備について、笠江孝一教育長は6日、再整備に伴う同記念館西側の壁画や敷地内にある静思庵の移設・保存は厳しいとの見方を示した。市議会12月定例会で小田忠良議員(無所属)の質問に答えた。

 小田議員は、内藤記念館の整備に取り組むにあたり、内藤記念館の壁画、静思庵、桜児の碑についての移設、保存の考えを質問した。

 笠江教育長は、壁画について「延岡市出身の版画家黒木貞雄氏の原画を元に製作されたモザイクタイル壁画。制作から50年以上が経過し、亀裂が入るなど経年劣化している部分もある。また、壁に直接タイルを張り付けた縦7メートル、横12メートルほどの大きな壁画で移設・保存には技術的・経費的な問題があるため、写真や映像による記録保存を考えている」。

 静思庵は「移設・保存を考えたが、再整備基本設計作成の中で、建築基準法の規制により現状の古民家の趣を保ったままでの敷地内移設ができないことが判明した。熊本地震の影響などで改修箇所も見つかり、保存には多額の費用を要することから、解体撤去せざるを得ない状況。昔の暮らしを学ぶ民俗資料としての役割は、新たに建設する博物館の展示で反映するよう変更を考えたい」と答弁した。

 このほか、桜児の碑については、「市内の文化団体による碑祭りが毎年行われており、県内では珍しい能に関する碑であるので、今後も敷地内で保存する予定にしている」とした。

その他の記事/過去の記事
page-top