【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日本一の高料金−延岡南道路

本紙掲載日:2016-12-06
1面

値下げを国に働きかけてー県議会

 5日の県議会定例会一般質問で、田口雄二議員(県民連合宮崎、延岡市区)は1キロメートル当たりの通行単価が日本一の延岡南道路料金を取り上げた。高料金がために大型車が市道に流れ、沿線住民の生活に影響を及ぼしているとして値下げを国に働き掛けるよう求めた。河野知事は「交通体系の見直しを要望している」と述べ、周辺の交通環境整備と併せた課題解決に全力で取り組む考えを示した。

 延岡南道路は国道10号土々呂地区の渋滞解消のため、当時の日本道路公団が事業認可を受け、償還期限30年の独立採算制一般有料道路として平成2年に開通。実延長は2・6キロで、現行料金は普通車260円、大型車410円、特大車930円。

 田口議員は普通車の1キロメートル当たり通行単価が100円で、全国で2番目に高い一般有料道路の約1・7倍、全国平均と比べても3倍だと指摘。また、高料金がゆえの弊害も起きていることを紹介。大型車が宮崎方面に向かう際、南道路を避け、入り口手前から国道10号につながる市道に流れ、沿線住民から交通安全や騒音対策を望む声が挙がっているとした。

 「17年の公団の民営化に伴い、金額はそのままで償還期限が77年間に延長となった。32年には無料になると信じて高額料金を払い続けてきたのに、あまりに理不尽。細島港の利便性をより高めるためにも値下げが絶対必要」と訴えた。

 河野知事は「料金は現在、体系の見直し検討を国にお願いしているところ。周辺の生活道路への大型車の流入と交通事故発生の課題と併せ、引き続き国や延岡市と連携を密にしながら解決に全力で取り組みたい」と応じた。

その他の記事/過去の記事
page-top