【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市教委講師派遣事業−順調に取り組み

本紙掲載日:2016-12-05
3面
櫂入れを体験する北方学園中3年生

北方学園中、佐藤焼酎製造場で授業

 世界に誇る技術を持つ地元企業が〃学びの場〃となる延岡市教育委員会の中学校対象の企画「講師派遣事業」を実施中だ。今年度は市内と門川町内の全18校で、期間中に23回の授業を予定。北方学園中(宮元芳幸校長)の授業は同市祝子町の佐藤焼酎製造場(水江順治社長)であり、3年生36人が創業111年の伝統の技と心に触れた。

 生徒たちは施設見学の一環で櫂(かい)入れを体験。もろみが入った大きなかめが何個も並ぶ部屋に入ると、独特の臭いに顔をしかめる生徒も。それでも、長い湯かき棒のような「櫂」を持って力いっぱいにかき回し、めったに経験できない焼酎造りを肌で感じていた。また、もろみからアルコールを取り出す「蒸留」にも挑戦した。

 冒頭には社員の山口貴広さんが会社の歴史や焼酎ができるまでの過程を説明。「栗焼酎は海外で人気で、その栗は始めた当初からずっと北方産。甘くて大きい良い原料。皆さんがしっかりと自然を守ってくれているから。これからも守っていってほしい」と呼び掛ける場面もあり、生徒たちは少し誇らしそうだった。

 甲斐雄貴君は「もろみはどろどろしていて、簡単には混ぜられなかった。力仕事だと感じた。北方の栗が原料に使われていることを初めて知り、勉強になった」と話した。

 講師派遣事業は、科学に対する興味関心を高める「理数教育」、働くことの意義や楽しさを知る「キャリア教育」、郷土愛を育む「ふるさと教育」の三つの狙いがあり、平成11年度から毎年行われている。

その他の記事/過去の記事
page-top