【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県立芸術劇場−バンドクリニックリポート

本紙掲載日:2016-12-03
7面
講師の中川英二郎さん(侍BRASS楽団長)
中川さんがトロンボーンのソロ演奏、共演する受講者たち(提供写真)

「侍BRASS」中川英二郎さん講師に

◆自分の中でテンポ刻む−「アドリブ」は楽しい

 国内オーケストラの首席奏者たちとスタジオ界のトッププレーヤーがタッグを組んだ「侍BRASS」楽団長の中川英二郎さん(トロンボーン)によるバンド・クリニックが6日、宮崎市のメディキット県民文化センターで行われた。県内の小学生、中・高校生、一般の計68人が参加した同クリニックの様子を主催した県立芸術劇場にリポートしてもらった。

 このバンド・クリニックのため県内各地から小学生から60代までの方々が集まった。講師の中川さんは、用意したオリジナル音源の演奏を聞かせてからジャズの名曲「A列車で行こう」を使ったリズムの指導。中川さんのアプローチはとてもユニークだった。

 4拍子をカウントするのに、まずはメトロノーム166で4カウントしながら演奏するところから始める。皆、カウントを聞きながら演奏するが、バンドの音の方が勝って聞こえないのか、だんだんずれてくる。次は、1拍目と3拍目をカウントするテンポ83。

 演奏前に、「カウントを聞くのではなく、各自がこのリズムを感じて弾くように」との指示があったが、最初は合っていてもやはりだんだんテンポから落ちて遅くなっていく。

 次は1拍目だけをカウントするテンポ42。1拍目しかカウントされないので、カウントされない部分は自分で刻むしかない。皆懸命にリズムを感じようとしたのか、何とかテンポに乗って演奏することができた。

 次は、なんと4拍+4拍の8拍の1拍目のみのテンポ21。もはや「たまにカウントする」状態で、通常のメトロノームでは刻めない領域だが、iPadから出る電子メトロノームのクリック音に合わせて、何とか4拍のカウントをとろうとする受講生たち。これはかなり難易度が高く、数小節弾いただけでバラバラに。

 この一連のカウントを「減らしていく」方法で、いかに自分の中でテンポを刻まないとテンポが落ちていくか、そして、そのテンポを皆で共有しないとうまく「ノッて」演奏できない、ということを体験できた。

 周りに合わせるのではなく、常に自分の体でカウントしていくことが大事で、そのリズム感を養う練習としてメトロノームはとても有用であるということだった。

 普通は遅いテンポから速くしていく、という練習での使い方が多いメトロノームだが、このようにカウントを「減らして」鳴ってない部分を自分でカウントしていくという練習に役立てる面白い活用法の紹介だった。

 この練習をした後の「A列車で行こう」は、このリズム練習を経て見違えるように軽やかでスウィングした列車になったのには目を見張った。驚きの変化だった。

 次に取り上げた「宝島」も、「まずは本物を聴くこと」ということで、T―SQUEAのオリジナル音源を聴いてから指導に入った。こちらもテンポ83に乗せて全体で演奏。やはりカウントが聞こえず、だんだんリズムがずれてしまう。

 「宝島」のあの有名なメロディーの、細かい装飾やシンコペーションを省いて中川さんが演奏していく。「宝島のメロディーだと聞こえなくなる(分からなくなる)まで」だんだん旋律をシンプルにして「宝島」のメロディーに聴こえないほど音を省略して演奏。

 「まだ分かる?」「じゃあ次はどうだ!」…最後は2小節をひとくくりにしたうちの1拍目だけの演奏になってしまうと、もはや何のメロディーだか原型が分からなくなった。

 リズムと同様に「減らしていく作業」を行うことで、メロディーの骨組みを構成する音、派生して装飾になっている音などが理屈ではなく感覚で分かってくることが身をもって分かった。

 続いては、お待ちかねの「アドリブ」について。中川さんがソロでアドリブを入れながらサビ部分を演奏。中川さんいわく「音楽は楽しむことが大事。楽譜は、決まり事、ルールが書いてあるもの。アドリブにもルールがあり、リズム・音が合わさって言葉のような決まりがある。私たちが幼いころ自然と日本語を覚えたように、最初は耳から覚えてほしい」とのこと。

 符点4分音符と8分音符のターッタというリズム弾きを、4分の4拍子のカウントの中で、頭を1拍目に合わせて、つぎは2拍目に合わせて…というようにずらしていく練習。ずらしていくごとに難易度が高くなっていき、ジャズ特有の裏拍の取り方のような感覚や、通常とらない4拍目からのカウントといった慣れないリズムに四苦八苦しながらついていく受講生たち。

 一連の練習が終わった後、中川さんから「今やったリズムをいろいろ組み合わせると、かなりのリズムパターンをカウントできるようになる」と言われた時、受講生たちの顔に驚きの表情が広がった。

 そうやってリズムのレパートリーを増やし、音、メロディーを自由に使えるようになれば、アドリブは決して難しいものではなく、むしろ楽しいものだ、と説明されていた。

 わずか2時間弱のクリニックで、最初の練習の時とは全く違った2曲になっていたことに、受講生が一番驚いたのではないだろうか。ソロを演奏する中川さんのずば抜けて輝く音色を聴きながら、受講生が皆とても楽しそうに演奏していたのが印象的だった。

 最後に中川さんを囲んで記念撮影。全員の笑顔が輝いていて、クリニックの楽しさを物語っていたようだった。

その他の記事/過去の記事
page-top