【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

マリーゴールドで害虫対策−延岡

本紙掲載日:2016-12-03
1面
延岡シルバー人材センターの会員と黄金千貫の収穫作業を行う甲斐さん(右端)

サツマイモ、収量増−鹿狩瀬町甲斐さん


 延岡市鹿狩瀬町の農業甲斐学=さとる=さん(75)は10月中旬から先月末にかけて、同市細見町に所有する畑で芋焼酎の原料となるサツマイモ「黄金千貫(こがねせんがん)」の収穫に追われた。

 全体の作付面積は34アール。このうち、害虫センチュウの被害対策として、昨夏にマリーゴールドを植え付けていた畑15アール分は質量ともに上々で、甲斐さんは「収量は昨年の4トンから6トンへと増え、品質も申し分ない。他の畑より明らかに良いので、作付面積を順次増やしていきたい」と〃マリーゴールド効果〃に手応えを感じている。

 甲斐さんは栽培した「黄金千貫」を地元の佐藤焼酎製造場(同市祝子町)に毎年提供している。センチュウはサツマイモの根に寄生して品質低下につながり、その対策が課題となっていた。

 JA延岡や県東臼杵北部農業改良普及センターに相談したところ、キク科の1年草マリーゴールドの根から出る成分がセンチュウの防除効果に期待できるとの報告を受け、昨年7月に試験的に植栽。花が散った段階で畑の土と成分をかき混ぜて土壌になじませる方法を実施した。

 マリーゴールドが開花中の昨秋は、鮮やかなオレンジ色の花々が評判で、多くの人たちが観賞に訪れる〃思わぬ効果〃もあったという。

 黄金千貫は今年6月中旬に苗を植え付け、マリーゴールド効果もあって順調に育ち、実りの秋を迎えた。甲斐さんは「品質だけでなく、環境美化にも貢献できるので、今後もマリーコールドを活用していきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top