【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

内藤記念館−展示入れ替え

本紙掲載日:2016-12-02
7面
内藤家旧蔵の能面の複製を展示
「内藤露沾和歌俳諧短冊」
「内藤家長画像」
内藤政樹所用と伝えられている延岡市指定有形文化財「浅葱糸縅(あさぎいとおどし)二枚胴具足」

肖像画甲冑書…貴重な史料紹介

 延岡市天神小路の内藤記念館で常設展の入れ替えが行われた。「後期」となる今回の展示は、旧延岡藩主内藤家の3代家長から16代政挙までの歴史を史料20点とともに紹介。また、「のべおか天下一薪能」が今年20回目を迎えたのを記念して、能面作家の見市泰男さん(大阪府)が制作した内藤家旧蔵の能面の複製28面を展示している。来年1月下旬まで。入場無料。

 内藤家の歴史紹介では、延岡市指定有形文化財になっている4点の甲冑(かっちゅう)と、3代家長や4代政長の肖像画、「弓の名手」だった家長が所用していたと伝えられる弓と矢などを展示。

 また、9代政樹の父義英(露沾)が親交の深かった松尾芭蕉の菩提寺(ぼだいじ)に求めに応じて差し出した和歌や俳句などを書き留めた「内藤露沾和歌俳諧短冊」、14代政順の書「庭鶴舞白雪/泉魚踊洪水」など珍しい史料を見ることができる。

 延岡内藤家旧蔵の能面の修復を手掛けた見市さんの複製能面(写し)は「翁」「鬼神」「尉」「男」」「女」「霊」など系統別に展示。同館所蔵の能面を用いて上演される「のべおか天下一薪能」の写真パネルも飾られ、舞台で能面がどのような表情を見せるのかを示している。

 内藤家旧蔵の能面が収蔵されていた能面だんす、能面を制作するための彫刻刀、のみ、筆、顔料なども展示されている。

 同館は「史料保存の観点から入れ替えをしており、貴重な収蔵資料をたくさんの方に見ていただきたい」と来場を呼び掛けている。

 月曜休館。午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)まで。問い合わせは内藤記念館(電話延岡34・6437)。


内藤家ゆかりの史料で内藤家の歴史を紹介
その他の記事/過去の記事
page-top