【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

阿武松部屋の小野川親方と稽古

本紙掲載日:2016-11-29
2面

北方相撲クラブ小野道場

 日本相撲協会・阿武松(おうのまつ)部屋の小野川健二親方(34)=元大道=が28日、延岡市北方町の北方相撲クラブ小野道場(小野挙監督、約20人)を訪れ、子どもたちに稽古を付けた=写真=。知人の紹介で実現。活気に満ちた道場の雰囲気に「素晴らしい。来て良かった」と喜んでいた。

 小野川親方は東京都葛飾区出身。専修大学卒。平成17年3月に初土俵を踏み、今年1月に現役を引退した。最高位は前頭8枚目。現在は後進育成のほか、スカウト活動にも積極的。今回は大相撲のPRも兼ねて訪問した。

 小野川親方はすぐにまわし姿になり、しばらく練習を見学。上級生のぶつかり稽古では188センチ、170キロの巨体を貸して指導。「押せ!」「おっ、強いな」「相手を見ろ」「もう少し脇を締めて」と約15分間、何度も受け続けた。

 9月の九州大会で3位に入賞し、12月4日からの全国大会に出場する河野宏輝君(南方小5年)は「きつかった。すごく体が大きくて動きそうにないと思ったが、何度もやるうちに押し方のコツが分かった。力士になって横綱になりたい」と刺激を受けた様子。

 小野監督は「相撲をやっている子たちが進学だったり、進路だったりで、困らないようなネットワークづくりに力を入れている。そういった意味でもすごく貴重な大切な機会になった」と感謝した。

 小野川親方は「みんな当たりが強くて、スタミナもあった。しっかりとした指導者がいて、土俵があって、環境が素晴らしい。もちろん横綱を目指して頑張ってほしいが、ずっと相撲を続けてくれたらうれしい」と子どもたちに期待していた。

その他の記事/過去の記事
page-top