【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高校新卒者、県内就職促進を

本紙掲載日:2016-11-28
3面
意見交換する高校・企業ワークショップの参加者

高校と企業がワークショップ−延岡

 高校新卒者の県内就職率の低迷と早期離職が課題となる中、学校と企業の交流座談会「第2回高校・企業ワークショップ」が11月24日、延岡総合文化センターで開かれ、それぞれの担当者が意見交換した。県委託事業。

 県北(延岡・日向・西臼杵地区)を中心に、高校の進路指導担当者と企業の人事担当者、ハローワークなど県の雇用関連部署から約40人が参加。時間ごとに組み合わせを変えながら5、6人ずつの班ごとに意見をまとめた。

 全体的に多かったのが、「生徒と社会人との接点が少ないため、仕事を具体的に考える機会がない」という意見。進行役のファシリテーターを務める横山由美さん(フリーアナウンサー、キャリアコンサルタント)も「人は知っている仕事にしか就かない。逆に、知っていれば選択肢も増える」と語った。

 一方、企業側が若手に一番求めているのは「コミュニケーションづくり」だった。参加者から、対人関係がうまく築けなかったり、社会人としての厳しさにつまづいて離職する若者が多いという悩みが聞かれた。

 学校側の改善案では「生徒への個別相談で社会の仕組みを教える」「親にもアプローチする」、企業側は「新人研修の期間を長くして内容を充実させる」「他企業と合同の研修制度を設ける」「年齢の近い職員にマンツーマンで研修させる」「社員教育で詰め込みすぎない」―などの意見が出された。

 厚労省のまとめで、県内の高校卒業予定者の就職内定率は今年3月時点で99・6%と高水準だったが、県内企業だけで見ると54・8%にとどまり、全国で最も低かった。

 同ワークショップは県内3会場で開かれ、主催者は出された意見を集約して、来年度以降の対策に生かすことにしている。

その他の記事/過去の記事
page-top