【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

これからも「誠実・信頼・奉仕」

本紙掲載日:2016-11-26
4面
受賞の感想などを話す医療法人隆誠会理事長の山弘道さん

医療法人隆誠会理事長・山弘道氏に聞く

◆精神保健福祉推進で厚労大臣表彰

 精神保健福祉事業功労者として厚生労働大臣表彰を受賞した、延岡市の医療法人隆誠会理事長の山弘道さん(64)に受賞の感想などを聞いた。

−−受賞の感想を聞かせください。

身に余る光栄です。これといった医学的な功績を残した訳ではなく、先代(父の邦隆氏)や先輩たちが築いた病院をつぶしてはならないと、ひたすら37年間経営に専念してきただけです。
当施設からの厚生労働大臣表彰受賞は、初代院長の父と次の院長の夏吉新平先生、看護師を含めて私で5人目になります。1施設から5人の受賞はまれと思いますが、創業66年の長い歴史が成せる業です。先代の経営理念だった誠実・信頼・奉仕をこれからも踏襲していきたいと思います。

−−医療法人隆誠会の歴史などについて聞かせてください。

先代の父が昭和25年1月に延岡市萩町に山医院を開業したのが始まりで、その後、この緑ケ丘に移転し、延岡保養園を開業したのが昭和31年5月になります。医療法人隆誠会は昭和54年10月に設立され、初代理事長・院長は父です。
精神科・内科の「延岡保養園」、介護老人保健施設「マイ・グリーンヒル」、精神障がい者グループホーム「潮風1号館」、デイケア「絆」、訪問介護ステーション「はまゆり」などを開設し、連携して幅広い医療・福祉サービスを行っています。

−−地域との交流についてどうお考えですか。

私は延岡生まれの延岡育ちで郷土を愛する一人です。地域医療、地域福祉の観点からも地元の方々の協力や支援なしでは、施設の運営は成り立ちません。少しでも地域に還元できればという気持ちで、花火大会や夏祭りなど、いろいろ企画させてもらっています。とにかく皆さんが喜んでいただければと考えています。

−−精神保健福祉を取り巻く環境などについて思うことを聞かせてください。

神奈川県相模原市の障害者施設で起きた刺殺事件など、社会的弱者への加害事件が頻発していることに不安を感じています。ストレスの多い現代社会で、慈愛に満ちた人間関係が希薄になっているのでしょうか。自己中心的な考えが増えてきているのでしょうか。
この世に生を受けた人は、等しく幸せになる権利があります。障害者も自活の動きに変わってきています。共生社会の構築に向け、医療人や福祉に携わる者が中心なり、さらに啓発をしなければならないことを忘れてはいけないと考えます。

その他の記事/過去の記事
page-top