【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子どもの“苦手”ゆっくり克服

本紙掲載日:2016-11-24
2面
講演する是松聖悟教授

子ども発達支援講演会−延岡市

◆みんなが未来を支える原石−大分大・是松教授「焦らず諦めず磨こう」

 延岡市主催の子ども発達支援講演会は11月16日、カルチャープラザのべおか多目的ホールであり、大分大学医学部地域医療・小児科分野の是松聖悟教授が「落ち着きのない子、引っ込み思案の子、マイペースな子、発達の気になる子、みんなが延岡の未来を支える原石です!」をテーマに話した。

 是松教授は「他人との交流が苦手」「空気が読めない」「落ち着きがない」「理解できているのか怪しい」といった子どもについて、「個性が強く、能力に偏りがあるだけ」と説明。しつけが原因ではなく、生まれながらの脳の個性だと話した。

 また、「多くの人は駄目な部分だけを見て、その人を評価しようとしてしまう」と指摘。そうした傾向が子どもを傷付け、将来の不登校や問題行動といった二次障害に発展する可能性があると説いた。

 その上で、「脳の個性は近視や左利きなどと同じ」として、学校など集団生活の場だけでなく周囲の保護者や地域の人も含めて、個々の個性を寛容に受け止め、能力の高い部分を評価してはどうかと投げ掛けた。

 子どもを伸ばすには、できないことを叱るのではなく、できたことを褒めようとアドバイス。「能力に偏りのある子どもは、怒られても冒頭の部分しか頭に入らず、なぜ怒られているのか分からないことが多い。そのため互いに“怒り損”“怒られ損”にしかならない」と紹介した。

 具体的には−−
▽テレビやゲームの時間を減らして友人や家族との関わりを増やす
▽得意なこと、こだわり、興味を利用して役割を与える
▽曖昧な言い方ではなく、回数や時間など定めて伝える

 保育士などに対しては、保護者へ「子どもの優れたところに気付いてもらう」「子どもの苦手なところは焦らず諦めず克服していく」「子どもの味方であり続けてもらう」よう希望。就学前までに苦手領域を見つけ、早期に適切な配慮をして就学につなげるようアドバイスした。

 歴史に名を残した数多くの人物が発達障害を持っていたことなどを紹介しながら、「子どもの良いところを伸ばし、苦手なところをゆっくり克服できる延岡市になりませんか。もっと金メダリストを、さらにはノーベル賞受賞者も出しましょう。原石を磨いてください」と呼び掛けた。

 講演会には子育て中の親や、保育、保健、教育の関係者ら約260人が来場。メモを取るなどして真剣に耳を傾けていた。


是松教授の講演を真剣に聴く来場者
その他の記事/過去の記事
page-top