【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

男子団体−延学5年ぶり九州V

本紙掲載日:2016-11-22
9面
5年ぶり2回目優勝の延岡学園(提供写真)
90キロ級優勝の吉野
100キロ超級優勝の羽田野

第20回九州高校新人柔道大会

◆90キロ級・吉野、100キロ超級・羽田野は2冠

 第20回九州高校新人柔道大会は19、20日、福岡県の九電記念体育館であり、男子団体で延岡学園が5年ぶり2回目の優勝。吉野弘人(90キロ級)と羽田野竜輝(100キロ超級)は団体はオール一本勝ちし、個人戦も制して2冠を達成した。

 男子の団体は各県4校の32チーム、個人は全7階級に16人ずつが出場。トーナメント戦で争った。延岡学園の試合結果は次の通り。

【団体】
▽1回戦
延岡学園5―0瓊浦(長崎)

▽2回戦
延岡学園5―0鹿児島実

▽準々決勝
延岡学園4―1西短大付(福岡)

▽準決勝
延岡学園3―2長崎日大
○吉野・小外刈り・グティエレッツェ
岩佐・一本背負い・蠣○
棚橋・合わせ技・山口貴○
○小島・優勢勝ち・永田
○羽田野・小外刈り・山口雅

▽決勝
延岡学園3―1大牟田(福岡)
○吉野・小外刈り・大黒
岩佐・背負い投げ・立石○
○棚橋・合わせ技・高須
小島・森
○羽田野・合わせ技・谷所

【個人】
▽60キロ級1回戦勝者
海老原(延岡学園)

▽90キロ級1回戦勝者
吉野(延岡学園)

▽準々決勝勝者
吉野

▽準決勝
吉野・小外刈り・和泉川(大分・国東)

▽決勝
吉野・払い腰・中西(福岡・福大大濠)

▽100キロ超級1回戦勝者
羽田野(延岡学園)小島(同)

▽準々決勝勝者
羽田野

▽準決勝
羽田野・内また・酒井(熊本・九州学院)

▽決勝
羽田野・優勢勝ち・中島(大分・国東)


◇第一関門は突破−佐藤嘉剛監督

「団体は吉野、羽田野がオール一本で勝ってくれたことが大きく、厳しい組み合わせの中で勝ち上がってくれた。まずは第一関門を突破したが、この大会の準々決勝が全国の1回戦で、決勝が3回戦と同等のレベル。つまり今は全国8強の力。ここから上に行くためにまた頑張っていきたい」


◇全員がしっかり団結−羽田野(団体の大将でチーム主将)

「団体は全員がしっかり団結し、それぞれ自分の柔道ができた。目標は全国での優勝なので、満足せずまたみんなで頑張っていきたい。個人は団体で優勝した次の日で緊張もあったが、監督のひと言で自分の柔道ができた。次の大会へ向け、延学の一本を取る柔道を徹底できるよう練習していきたい」

◇全国でもオール一本を−吉野(団体は先鋒で全勝。90キロ級も制覇)

「団体はチーム一丸となり、自分の柔道ができた。個人は一回戦から自分の柔道ができなかったことが反省点だが、決勝はしっかり切り替えて一本を取る柔道ができた。課題を克服し、全国でもオール一本で優勝できるような選手になりたい」



その他の記事/過去の記事
page-top