【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県民との協働パネル展−延岡

本紙掲載日:2016-11-22
2面
開催中の県民との協働パネル展

11月27日までまちづくりセンター

 地域版「県民との協働」パネル展が11月21日、延岡市東本小路の同市民協働まちづくりセンターで始まった。27日まで、無料。

 県は、県民やNPO、企業などが持つノウハウやマンパワーを組み合わせて、さまざまな社会的課題の解決に取り組む「県民との協働」を推進している。

 昨年実施したアンケートでは、県民の「協働」への認知度が、まだ4割ほどだったことから、より理解を深めてもらうために県民と行政の協働事例や活動の内容を紹介するパネル展を各地域持ち回りで実施、今年は同市と日向市での開催となった。

 会場には、熊本地震の時に行われたボランティア支援事業をはじめ、延岡市内の事業所が「ふれあい福祉まつり」や「地域奉仕活動」を行っている事例を紹介したパネル13枚などで、県内の協働事業を紹介。パンフレットや協働に関する本なども展示している。

 県総合政策部協働推進担当者の片平真之さんは、「協働事業への理解を深めるため、また協働事業に興味のある方はぜひご覧になってください」と呼び掛けている。

 なお、NPOの設立や運営、事務、税務関連の相談を「みやざきNPO・協働支援センター」で受け付けている。

 問い合わせは、同センター(電話0985・74・7075、Eメールinfo@miyazakiksc.org)へ。

その他の記事/過去の記事
page-top