【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

深田範雄さん(大分)「雲海」最優秀賞

本紙掲載日:2016-11-21
7面
最優秀賞・深田範雄さんの「宇目町の雲海」
優秀賞・戸皸譴気鵑痢嵌媾の土呂久」
優秀賞・鈴木清次さんの「天空の世界」

祖母傾・大崩山系フォトコンテスト

◆優秀賞は戸高一さん(高千穂)ら
 
 祖母傾ユネスコエコパーク大分・宮崎推進協議会は14日、「祖母傾・大崩山系フォトコンテスト」の審査結果を発表した。最優秀賞は深田範雄さん(大分県豊後大野市)の作品「宇目町の雲海」、優秀賞は戸皸譴気鵝聞眄虔翊)の「晩秋の土呂久」らに決まった。

 コンテストは、祖母傾・大崩山系のユネスコエコパーク登録に向けた機運の醸成や取り組みをPRするとともに、同山系の魅力を発掘し、内外に発信しようと実施した。

 7月下旬から10月中旬に作品を募ったところ、県内外から157作品(64人)の応募があり、10月26日に写真家で特別審査員の黒木一明氏が審査した。

 黒木さんは全体講評として「作品全体のレベルが高く、甲乙つけ難い中で上位入賞者9点を選び出すのに苦労した。入賞者の作品を通して、多くの人々にこの地域が持つ普遍的な価値を知っていただき、身近に感じていただくことは、ユネスコエコパークへの登録を目指すという大きな目標を達成するための強い推進力となる」としている。

 表彰式は、26日に大分県豊後大野市で開かれる「祖母・傾・大崩ユネスコエコパーク国内推薦決定記念シンポジウム」である。作品は会場内で展示の後、宮崎、大分両県庁と、関係6市町(延岡市、日之影町、高千穂町、佐伯市、竹田市、豊後大野市)で展示する予定。日程、会場は未定。

【最優秀賞】深田範雄(大分県豊後大野市)「宇目町の雲海」
【優秀賞】戸皸譟聞眄虔翊)「晩秋の土呂久」、鈴木清次(小林市)「天空の世界」
【佳作】甲斐靖一(延岡市)渡辺太郎(大分市)足立哲伸(豊後大野市)長友一彦(新富町)馬場和久(延岡市)、眷誅舵廖米院

その他の記事/過去の記事
page-top