【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

甘くて、おいしい!

本紙掲載日:2016-11-19
7面
地元の農園でミカン狩りを楽しむ塩見小3年生

ミカン狩り体験したよ−塩見小3年生

 日向市塩見小学校(原口広司校長)の3年生21人は11月17日、地元の農園でミカン狩りを体験し、苦労ややりがいなど農家の仕事について学んだ。

 地元の農家や消防団などで組織する塩見地区環境保全振興協議会=農地水の会=(佐藤力代表)に協力してもらい、地域の農業へ理解を深め、働くことの意義を考えてもらおうと、平成19年度から地区内の農園で毎年実施している。

 今年は同協議会の役員、鈴木幸(みゆき)さん(59)所有の農園(約5ヘクタール)で体験。鈴木さんらから甘いミカンの見分け方や、収穫の際、はさみで果実を傷付けないようにするための工夫、育てる苦労などを聞いた後、ミカン狩りに挑戦した。

 「収穫しながら食べて味わってみて」と役員から了解を得た子どもたちは、うれしそうにもぎたてのミカンを頬張り、「甘い」「おいしい」とにっこり。手も口も忙しく、にぎやかに収穫を楽しんでいた。

 松田友喜君は「こんなにたくさんのミカンの木を見たのは初めて」と驚きつつ「もうこれで5袋目」と、収穫したミカンを入れたポリ袋をうれしそうに掲げた。

 鈴木さんは地区内2カ所にある約10ヘクタールの農園で、家族と一緒に7種類のミカンを栽培している。「今見ると、どれもきれいで甘くて食べ頃だけど、夏の暑いときの摘果作業や、病害虫から守るためのさまざまな対策など、ここに至るまでの努力を子どもたちにも知ってもらえたら」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top