【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「大地にたちて」門川高校創立100周年(4)

本紙掲載日:2016-11-18
3面
創立100周年の記念品「へべすジャム」を考案したオーシャン系列・食品製造研究班の(左から)河野さん、寺原さん、那須さん、津野さん

地域に密着した研究実習

◆試行錯誤、へべすジャムを完成

 現在、門川高校の生徒たちは各系列ごとに、地域に密着したさまざまな研究実習に取り組んでいる。その一つ、オーシャン系列・食品製造研究班の3年生4人は1年前から、地域の農産物をPRしようと、門川町を含む日向地域の特産品、平兵衛酢(へべす)を使った加工品の研究に取り組んできた。

 メンバーは河野真依さん、寺原礼実さん、津野早穂さん、那須美月さん。実は4人とも、それまで本物のヘベスを見たことも食べたこともなかったため、研究は、ヘベスを購入し、絞って飲んでみるところから始まった。

 その、さわやかな酸味を生かすべく、常温で販売できることを条件に、まずはシフォンケーキを試作。しかし、焼いてみると、さわやかな酸味はどこへやら。緑色だった皮のすりおろしは灰色に変化し、校内で試食してもらったところ「カビや虫のように見える」と不評だった。同じ理由からクッキーなどの焼き菓子も断念した。

 続いて、ドレッシングとすし酢を試作。こちらは独特の香りと苦みから、ご飯や野菜には合わないと判断。次に、すでに日向夏で製造経験のあったマーマレードに挑戦。しかし、ヘベスの皮は日向夏と比べ、加熱すると変色しやすく、見た目の悪さに加え、香りも独特だったため「食べたいと思える製品にはならなかった」という。

 そこで、皮を使わないジャムにたどり着く。試行錯誤の結果、糖度70度の「色と香りのとても良い、おいしいジャム」に仕上がった。

 ジャムの試作には、栽培ビジネス系列で育てたヘベスのうち、傷や変色のために青果としては販売できないヘベスを利用した。「捨てられるはずだった果実をジャムとしてよみがえらせ、そのことを栽培ビジネス系列の生徒もとても喜んでくれた。やりがいを感じた」と振り返る。

 完成したヘベスジャムはあす、同校で開かれる創立100周年記念式典で記念品として来賓などに贈られる。仕込み作業は先月末から始まり、オーシャン系列の3年生36人全員で、ヘベスジャム300個を製造した。

 同研究班リーダーの河野さんは「どのへべすジャムよりもおいしいと自信を持っている。ぜひ、皆さんに食べて喜んでもらいたい」と話している。

(題字は書道同好会2年・岩佐亜瑚さん)

その他の記事/過去の記事
page-top