【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

本社で職場体験−中学生が見た延岡市役所新庁舎

本紙掲載日:2016-11-17
7面
市職員から話を聞く富盞と甲斐さん(16日、延岡市新庁舎低層棟)

よりよい暮らしの実現へ−岡富中生が取材

 延岡市岡富中学校2年の富睥供覆蠅紊Α坊と甲斐音麗美(どれみ)さんは16、17日、夕刊デイリー新聞社本社で職場体験を行いました。初日は、14日から低層棟での業務も始まった延岡市新庁舎を取材、担当職員に話を聞きました。2人の記事を紹介します。


◆「市民のための庁舎が誕生」岡富中学校2年・富睥

 私は取材を通し、延岡市役所新庁舎は「市民のための庁舎」だと考えた。

 1階と2階には、介護、福祉、税、健康など市民が頻繁に利用する部署が集約されたため、利用する人の約7割がそこで用事を済ますことができる。

 また、新庁舎に初めて来た市民にも配慮して低層棟の1階に案内係がいたり、南玄関付近の階段近くのパネルに新庁舎全体の地図があったりして、旧庁舎の問題であった「部署が分散していてわかりにくい」「利用しづらい」という点が改善されると考えられている。

 南玄関付近にある市民スペースには机や椅子があり、WiFiの環境が整っているため誰でもパソコンなどでインターネットを利用できる。市民が自由に快適に休憩や勉強などで利用することが可能だ。

 そして、誰もが使いやすいユニバーサルデザインの観点からは、多目的トイレが設置され、目の不自由な方のための音声案内、耳が不自由な方のために注意を促すフラッシュライトが付けられている。

 また、議会傍聴席では、段差がスロープになっていたり、車いすを利用する方用の傍聴席が設けられたり、耳が不自由な方のためには音声を補聴器に送る集団補聴システムが設置されていたりなど、さまざまな人が利用しやすくなっている。

 さらに、低層棟の総合案内付近のエレベーターは、車いすなどを利用している人が乗り降りしやすいよう両側に扉があり、入ったままの方向で出ることできるので、転回する必要がなく楽に移動ができる。

 私は、「市民のための庁舎」を実現した延岡市役所新庁舎は、便利になって延岡でのよりよい暮らしを支える土台になるだろうと考える。


◆「人と環境にやさしく安全」岡富中学校2年・甲斐音麗美

 新しい市役所はガラス張りで、外から入ってくる光によって室内の明るさを調節できるシステムになっている。それは、屋上に太陽光発電パネルが設置してあり、自然の光を活用しているからである。

 北側にある高層棟1階と2階の間には、ゴムと鉄板で交互に挟んだ直径90センチの免震ゴムが設置されている。これは、地震が発生した際に揺れ幅が2階以上に極力伝わらないようになっている。

 もし、大きな地震が発生しても、新しい延岡市役所は免震ゴムで守られているため、避難して来た人たちも安全に過ごせると思った。

  1階の市民スペースと2階の講堂、7階の市議会の議場にはそれぞれの壁に延岡産のスギ材が使用されている。地元産のスギを使うことによって、地産地消につながり、市役所を訪れた人に延岡産スギの良さをPRすることができる。私は、壁に木材を使用することで木の温もりを感じることができた。

 低層棟2階にある保健センターは、年齢を問わずさまざまな人が利用できる。例えば、問診室では看護師と、相談に訪れた親子だけで話し合うことができる。

 待合室では、子どもの診察中にプロジェクターで食事のメニューなど子どもの健康のために親が配慮すべきことを分かりやすく紹介している。子どもが待合室にいるときは、子ども向けのアニメなどのDVDを上映していて、スピーカーを通じてどこにいても同じ音量で聴くことができる。だから、飽きずに楽しく待つことができる。

 太陽光などを取り入れることで省エネにつながる。地元のものを使うことで地産地消につながる。免震ゴムを設置することで地震で避難して来た人も安心、安全に過ごすことにつながる。

 私は新しい延岡市役所を初めて訪れてみて、「人と環境にやさしい庁舎」「市民の安全、安心を支える庁舎」をコンセプトにしたことが、しっかりと実現されていると感じた。これを機会に、市民スペースなどをこれからも利用したいと思った。

その他の記事/過去の記事
page-top